花本

(500)日のサマーの花本のレビュー・感想・評価

(500)日のサマー(2009年製作の映画)
3.5
それを運命と呼ぶか偶然と呼ぶかは
わたしたちには決められない
目に見えないなにかなのかもしれない。

よくある恋愛映画のような
でも
日本にはあんまりない男性目線主軸の描写と
ばらばらの時系列で
ついつい最後まで集中して観てしまう映画。

理想と現実はちがうけれど
それを受け入れたり、やっぱり突っぱねたりして、日々生きていくんだろうなぁ。