(500)日のサマーの作品情報・感想・評価

(500)日のサマー2009年製作の映画)

(500) DAYS OF SUMMER

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

3.6

「(500)日のサマー」に投稿された感想・評価

ぐりこ

ぐりこの感想・評価

3.8
グッドな失恋映画だった。

恋をして世界が輝くボーイミーツガールな序盤はとても楽しい。IKEAデートや公園ミュージカル(映画版モテキのパロ元だ!)、肩で風をきって歩くトム、窓にうつる自分はハンソロ♪笑

でも、もちろんそれだけじゃ映画にならないわけで、途中からはなかなかにツラい。
基本的にトム目線のみで語られるので、「私ちは友達」「真剣に付き合うつもりはない」というサマーはひたすら理不尽で、そして400日頃に訪れる結末はあまりに残酷…

と思ったら最後の最後、意外性のある救いが待ってる。陳腐すぎてあんまり見ないタイプの。
そして始まる“秋”のDay1。
洒落が効いてるんだかないんだか(笑)

まぁなんせ本来的な意味での“カタルシス”を得られる作品でした。
不思議と胸がすっとした。

いわく『偶然、それがすべて
運命の力など存在しない すべては偶然』


~以下雑感~
ヒロインは、ブレイク前のベルセバを愛し、リンゴスターが心のアイドルという謎めいた女性で、とてもとても魅力的だった。

The SmithsやPixies、Temper Trapなどが流れる音楽もステキだし。
トムの期待と実際の現実を画面2分割で見せつけるのも、ありそうであんまりないギミックでおもしろかった。
おゆき

おゆきの感想・評価

5.0
この映画何回観てるかわからないけど、レビューしてなかったので再マーク。

本当にだいすきな映画。叶わない片思いにのめり込んでしまうイタい主人公をこんなにリアルに表現してる映画、他に知らない。観る度に泣いてる。そして観る度に新しい「切ない」ポイントを発見して、傷ついてる。笑
一緒にいて楽しいとか、趣味が合うとか、普段は人に言わない(らしい)ことを打ち明けてくれたとか、自分の中で相手に対してヒートアップする気持ちも伴って、そんなことで簡単に「運命の人」なんじゃないかと勘違いして、サマーに執着するトム。イタいよー、でもなんかわかるよー。
観せ方も良い。未来に進んだり過去に戻ったりぐちゃぐちゃな時系列の中で絶好調期と絶不調期のコントラストを表現するところだいすき。また意味深なインタビューみたいなシーンをいきなりぶっ込んだり、画面を2分割にしたりするところも切なさを助長してる。好き。もちろんHall & Oatesのフラッシュモブも好き!

恋愛ものって「なんも響かんかったな〜」で終わることがわりと多いんだけど、この作品は別格。これからも定期的に観ちゃうんだろうな。
偶然は運命なんかなあ。
演出がめっちゃ良かった。あと音楽もめっちゃいい!!イケアのデートのシーンとか、ペニス!って叫んぶのとか、普通じゃない感じが憧れます。。
サマーみたいな、みんなを振り回すガールはなぜか憎めないんだよね。。
やっぱ運命ってあるんかなー
IKEAデートありやなー
トムの表情や仕草がわかりやすすぎて見てて面白かった
ゆう

ゆうの感想・評価

3.7
とりあえずIKEA行きたくなる
pooone

poooneの感想・評価

3.0
ズーイーデシャネルが非常に可愛い。
koko

kokoの感想・評価

-
何回観てるかわからない
>|