(500)日のサマーの作品情報・感想・評価・動画配信

(500)日のサマー2009年製作の映画)

(500) DAYS OF SUMMER

上映日:2010年01月09日

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「(500)日のサマー」に投稿された感想・評価

ME

MEの感想・評価

3.0
✔ 構成は面白い
✔ サマーもトムも見てて腹たってきてしまった
✔ 2人ともちょっと 自 って感じが強すぎる。 特にサマー
✔ もう1回見たいとは思わんかなあ。
にた

にたの感想・評価

3.8
最悪の気持ちで終わりかけた
こんな感情にさせられた映画も久々

失恋したとき、広い世間女はいっぱいいると思っていかないとやっていけないもんだよねって
村優徳

村優徳の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

賛否あるらしいけどめちゃくちゃ好きなんだよなぁ…。全世界のサブカルクソ野郎に刺さりまくるストーリー。かく言う俺もめちゃくちゃ刺さってる。

結局、世の中は全部偶然で成り立ってて、それに後から名前を付けたのが運命なんだと思う。サマーはトムとの関係を運命じゃなかったって言ってたけど、トムは運命だと思ってただろうし、運命と言う言葉ってナンセンスだなと思う。もしかしたら後になって運命だと思える気持ちこそが愛なのかもね…。

ていうかサマーもトムも面倒臭ぇよね。サマーはとにかく自由に感情に正直に生きてる。そのせいで周りの人を振りまわしまくる。まさにファムファタール。トムみたいな女子慣れしてないサブカル男子はこういうサブカル不思議ちゃんタイプの女子に滅法弱いんだよなぁ…。うん…。そのトムも、サマーが「本気の恋愛はしない」って言うのに同意して関係を持ってるのに、すぐ「はっきりさせようよ!」とか言ってキレる。バーでの喧嘩も「サマーのため」とか言ってたけどあれ自分がバカにされたからカッとなって殴っただけだからね。サマーが呆れるのもわかる。でもね、ハッキリさせたい気持ちも分かるんだよ…。ハッキリしておかないとある日ふと終わってしまいそうで怖いよね…。あとパーソナルな情報を共有することによる優越感もめちゃくちゃ共感できる。わかりみが深い。

ほとんどのシーンに共感できたのだけど、特に好きなシーンはやっぱりIKEAデートとミュージカルパート、それから職場カラオケ。あのIKEAデートなんてもうキュンキュンが止まりません。マジで理想です。価値観とかノリが似てるのは楽しすぎると思う。ミュージカルパートは、トムの高揚感と多幸感が表現されてて面白い。まるで世界中が味方になったかのような気持ちになってるのは超わかる。その直後の落差も面白い。この一連の流れは、大根仁監督がモテキでオマージュしてるのも好き。そして職場カラオケのシーン。トムがベロベロでピクシーズの「Here comes your man」を熱唱してサマーが「You’re good!」って褒めるのが好きで、この映画の影響で歌えるようになった。

ちょっと語りすぎてるけど、最後に。サマー役のズーイー・デシャネルがめっちゃ好きです。顔が本当に好きです。1番好きです。今作ではサマーの性格と相まって最強のサブカル女子になっています。好きです。ありがとうございました。
ヒトミ

ヒトミの感想・評価

5.0
結構めっちゃサマー派だな〜!
仕事が手につかなくなるほどの失恋というかめちゃくちゃハマるみたいな恋したことないな
Y

Yの感想・評価

2.8
よく分からなかった
へくた

へくたの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ずっと見てみたかった!
すごく可愛らしい映画だった!
あれが正しいIKEAデートか!!!!

最初見終わった時はひたすら可愛いけれど何が言いたいんだろう?と分からなくて。
ムジュカチーッて思ってたんだけど。


「読んでいた小説について声かけてくれたのが今の夫」「私が映画館に行ってたらどうなってた?運命ってあるんだ」に対して「俺も君に運命感じてたけどね???」って部分があるよね。
世の中ってそんなものだよって思うとストンと落ちてきた!

あの時、あの瞬間を「運命」にしてしまえる想いが愛なんですね??と。


夏の終わりには秋が来る。
いつかトムにも運命が訪れますように!!
「誰かの所有物になるなんて最悪。
 私は自分自身でいたいの。」
ゆ

ゆの感想・評価

4.1
記録
>|