柳生一族の陰謀の作品情報・感想・評価・動画配信

「柳生一族の陰謀」に投稿された感想・評価

家光一家と忠長一家による仁義なき戦い。
登場人物が多過ぎて目が回るが、ただただかわいい出雲の阿国(大原麗子)、おじゃる界最強剣士の烏丸少将文麿(成田三樹夫)、熱血ガングロ隻眼の柳生十兵衛(千葉真一)などのキャラが印象に残った。
仁義風ナレーションをするのなら、いっそテロップも入れて欲しかった。
bungchang

bungchangの感想・評価

2.5
成田三樹夫のキャラは良かったが…
中島

中島の感想・評価

3.5
家光vs忠長の、3代目継承大ゲンカ。
ドロドロなのは女性だけのものじゃない。

序盤で感じていた違和感が終盤で繋がった。めちゃくちゃ自分勝手やん!だから『柳生一族の陰謀』なのね。
時代劇ものというよりは、ドロドロした人間ドラマです。

とりあえずマロ系のやつがめちゃくちゃ腕が立つやつで面白かったです。
1978年公開の本作は、2代目徳川将軍・秀忠公の死によって始まった3代目の跡目争いを描いている、超豪華キャスト、スタッフでお送りする超傑作。
萬屋錦之介、千葉真一、松方弘樹、西郷輝彦、丹波哲郎、三船敏郎、真田広之(激若!)… etc.
実力者ぞろいの彼らの真に迫る演技には舌を巻く。特に徳川家光公を演じる松方弘樹の吃音や、手段を選ばず天下を目指す狂気の表情、そして柳生宗矩を演じる萬屋錦之介の無慈悲さ、そして絶望の慟哭は本当に素晴らしい。

外連味の溢れる派手な殺陣、残酷無比な策謀、そして壮絶な展開と結末といい、"エンタメ時代劇の完成品"と言っても全く過言ではない。観終わった直後に飛んだメニュー画面から、そのまま即座に2週目を再生したのは久々だった。今迄未鑑賞だった事が本当に恥ずかしい限りである。

権力者にとって不利になり得る事実は捻じ曲げられ、歴史上で隠蔽される。つまり"歴史の裏側で本当はこんな事があったのかもしれないよ?"というスタンスで制作されている物語なのだが、本編開始数分で秀忠公の毒殺から跡目争い勃発!という流れに入って、あっという間にパラレル世界線に突入するのは笑いが堪えられない。実際にあった出来事を、同じ人物を登場させて違う結末にしよう!という点で言えば「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」と同じやり口だと思って良い(良くない)。きっと上記作品のファンも楽しめるはずだ。

太平の世である江戸時代に将軍が暗殺されるなんて既にあり得ないのだが、そんな血生臭い話に作り替えてしまってるので、あまり史実にこだわらずに観れるほどにエンタメ全開という事だ。ちなみに足利幕府であれば嘉吉の乱、永禄の変、本圀寺の変(失敗したが)のように、将軍達が憂き目に遭わされているので、個人的には是非それらも映画化をオススメしたい。

当然、実在の人物である登場人物達も盛大にデフォルメされている。剣術や兵法のレジェンドである柳生宗矩がバリバリ策謀家として大活躍している時点で凄い。いくら家光公の信頼厚いとは言え、血も涙も無い策謀で女子供すら容赦なく始末する姿には目を覆いたくなる。あの世で石舟斎様(宗矩パパ)も泣いておられるぞ!謝れ!愛を知れ!

尚、やたら剣術の強い公家の烏丸少将文麿には「お前のような公家がいるか!」とツッコミを入れたくなるのだが、なんとお前のような公家は存在しない。彼は本作のオリジナルキャラクターなので、騙されないようにしよう。馬泥棒に勤しむ十兵衛ちゃんの姿を目に焼き付けるための"やられキャラ"である。

そんな中で、あえてツッコミを入れたいのが小笠原長治の語り草だ。彼は事実剣豪ではあるのだが、柳生新陰流に対する嫉妬心にバリバリ溢れていて、忠長公に協力する敵キャラである。(彼の目的は柳生新陰流の否定、そして真新陰流を認めさせるのが目的なので、悪人ではない)

彼の初登場時、自身の目的を語る際に「我が師、上泉伊勢守」と言っているが、彼の師は奥山公重殿である。奥山殿は"レジェンド・オブ・ソードマスター"である剣聖・上泉信綱公と1年くらい一緒に武者修行していたので、紛れもなく新陰流継承者の一人で良いのだが、恐らく小笠原は信綱公と会った事すら無さそうな気がする。せいぜい疋田殿(信綱公のガチ弟子。弟子入り前の柳生をボコった張本人)に会ったぐらいが関の山なので、一体どういう神経で「我が師」なんて言っているのか、全くふてぶてしい奴だ!プンプン!
※この段落は、上泉信綱公が大好きで群馬県の上泉町まで訪問した僕が、思わず指摘したくなった野暮なツッコミで構成されているので、どうか読み飛ばして下さい。

本作の問題点をあえて挙げるのであれば、全編を通して呼び名や言葉遣いが全体的に難しく、登場人物や会話内容を把握し辛い可能性がある。
-----------------------------------
柳生宗矩 ⇒ 但馬守(たじまのかみ)
小笠原長治 ⇒ 源信斎(げんしんさい)
松平信綱 ⇒ 伊豆守(いずのかみ)
-----------------------------------
などなど、役職や通称で呼ばれる人物が多い。歴史ファンの方々にしてみれば垂涎ものの呼び名ではあるのだが、言葉遣いも徹底して現代語を使用しておらず、もしかすると日本人でも慣れていないと20代~30代の方ですら会話内容を聞き取る事ができない可能性があるのではないだろうか?僕は大人になるまで本作を観ていなかった事は非常に後悔しているが、大人になった今でないと、ここまで楽しめなかったであろう事を鑑みると、
良いタイミングだったのかもしれない。

しかし、"時代劇"とは本来こうあるべきだ。迂闊に現代語が混ざってくると、急に冷めてしまう。そこを譲る事なく"時代劇の再興"を目指している本作は、まさに日本が誇るべき超大作だ。
※小田原征伐での忍城の戦いを描いた某作品は、題材と野村萬斎が最高だったのに、言葉遣いと周りを囲む政治を感じる登場人物達に台無しにされてしまった事を僕は忘れない。

尚、古い作品なのでストーリーは全てwikipediaに載っている。言葉遣いが難しくて理解できない点は、そちらで補足できるので参考にしよう。なんなら登場人物一覧だけでも参照しながら映画を観ても良いくらいである。
※もはや歴史の勉強みたいになってしまうが…。

本作で描かれた歴史は、幕府によって隠蔽されたものだとすると、これが創作だと証明する術はない(悪魔の証明みたいなものだが)。そちらサイドの視点で観た方は、是非「本当は家光公ってね…」と友達に教えてあげよう。みんな一緒に"天井に薙刀"のシーンで大爆笑したという話題で盛り上がれるはずだ。

汚いなさすが柳生きたない。
ギスモX

ギスモXの感想・評価

5.0
深作欣二が世に放った仁義なき時代劇。

徳川二代目将軍、徳川秀忠が死亡。
空いた将軍の座を獲ろうと息子の家光と忠長が対立し、さまざま勢力を巻き込んで武士道なき戦いにへと突入していく。
その裏では家光の家臣である柳生宗矩の暗躍があった。

全編通して繰り広げられるのは「天下を獲る、奴を討つ」というギラついた野心。
秀忠が生きていたら忠長がなっていたであろう将軍の座を、何がなんとしてでも獲ろうするところは正に「親に会えば親を殺し、仏に会えは仏を殺す」といった所。

「徳川の下におって武士道も糞もあるかい」

忠長側に付く浪人の将軍の姿がとても印象的。
敗北していく中で放たれる叫びは、下らない権力争いであっけなく捨て駒になってしまった無念を表しているのではないか。

「俺は死なんぞ!
 次の戦まで死んでたまるか!」

この血を血で洗う抗争は宗矩の息子である柳生十兵衛によって、歴史に反逆した終わり方をする。

「仁義なき戦い」では広能は山守を討つことは最後までなかった。
「バトルロワイアル」ではキタノはクラスに殺し合いさせて、自殺に近い形で死んでいき、その目的を達成させた。

そう思うとこの終局は、全ての恨みを晴らさんとする天下に唾吐いた『下克上』なのであり、僕の心を掴んで離さないのである。

「あなたは俺の大切なものをぶち壊した。
 それも無残に。
 だから俺も父上の大切な夢をぶち壊した!」

「夢でござぁぁぁぁぁぁぁる!」
面白かったー!!
ラストと締めくくり、あんなんアリなの?!?!

歴史は疎いので、
徳川三代目継承でもめてたことも知らなかったのだけど、まあ教科書に名前載ってるのは家光やし、形成不利からはじまってるけど但馬守の策略でなんだかんだ家光が勝つ話なんやろ思ってみてたからラスト、えええ~!?!?

いや、見てみたかった画だけど!
十兵衛が現れたシーンでそうなることを期待はしたけども!
まさかほんとにやってくれるとは思わないもの!!

但馬守の仰々しい、しかつめらしい演技よかったな~
「全部但馬守の手のひらで踊らされてる~ww」からの、「この悪魔!鬼!人でなし!!!」(私は真田広之推し)てなって、最終的にあの「夢でござぁぁぁぁるぅぅぅぅ。」が全部持っていった。

魔界転生見たばっかりだったので、
結局但馬守vs柳生十兵衛なんかーい!とはなった。
あと真田広之の役柄もほぼほぼ魔界転生と一緒で笑った。
オールスターをまとめあげた深作監督の力量は半端じゃないけれども、『仁義なき戦い』を産み落とした神は、この映画には不在だったようで、
普通の時代劇ファンに迎合したような、中途半端なものに落ち着いている。

とはいえ、
成田三樹夫(烏丸少将)のキャラ作りは必見だし、
大原麗子(出雲阿国)の、今でいう浜辺美波のような可憐さなど、
見所はたくさんある。
深作欣二監督による時代劇版「仁義なき戦い」と言った作品。

超オールスターによる戦略戦、そしてスーパー時代劇と言っても良いアクションが爽快。

徳川二代将軍の秀忠の死亡によって、長男の家光と次男の忠長の間で争いが起きる。

その発端は、生前から秀忠は、顔に傷があって吃音症を患う家光を疎んでいた。

そして、宗矩の子息達が秀忠の胃袋を調べた結果、毒殺されていた事が発覚。

春日局と伊豆守が犯人であったが、家光の為、宗矩も参加し、家光に真相を語る。

腹を括った4人だが、ここから忠長との大抗争が始まる…

とにかく豪華キャストして驚きすぎた。

特に良かったのが、普段とは全く違う烏丸を演じた成田三樹夫、静かなキャラながらも強い意志を持つ小笠原を演じた丹波哲郎、そして何と言っても主演を務めた錦之介が良い。

壮大なアクションシーンも、「仁義なき戦い」のような動きまくるカメラが合戦のリアルさが伝わる要素になっていた。

「楽しい」時代劇のひとつとして、また鑑賞したい。
特にお正月とかに観たい。
面白かった。時代劇、他にもっと観たい、と思った。
それが、芦屋さん。
存在感、主役だからというのではなく、圧力凄かった。
まだ松方弘樹さんや西郷輝彦さん、原田芳雄さん室田日出男さん達が、単純に若いので仕方のないことだけど、柳生が降りてきてる感じ。怖い。
上手くあっちのせいにして人を騙し、身内に奇襲を掛けさせたり、大嘘こいといて「言ってはおりませぬ」キリとか、宮中の人たちに圧力掛けてみたりだとか。
柳生、怖い。柳生十兵衛は、魔界転生とこの作品しか知らないけど、ご立派な人間性をお持ちで。
しかしながら、関係図が大渋滞。

こちらも豪華キャストで、?菊千代の声がする、と思ったらミフネさんも出てて、大原麗子さん…ため息。
好きな俳優さんだけど、役とのギャップで笑ってしまった、麿な成田三樹夫さん。刑事でもヤクザでもない成田さん見れて笑ったけど嬉しかった。

柳生十兵衛は真っ当な人間で良かった。

しかし、2作とも濃かった。
tna32

tna32の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

何か千葉真一が観たくなってレンタルしてきました

本来なら魔界転生を借りるつもりが、柳生一族の陰謀のパッケージを見たら、こっちがいい!と変更。

芦屋錦之助はじめ、丹波哲郎や成田三樹夫など往年の名役者がズラリと揃ったこの作品はまさに映画のオールスター

あの真田広之が全然霞むぜ!

大原麗子美しい〜

亡くなった叔父さんがよく芦屋錦之助の
夢でござる〜
を真似してたけど、この映画だったのねと大人になった今気付けました。

しかし千葉真一は柳生十兵衛が似合うね〜

あの強さの象徴とも言える柳生但馬守を一瞬で圧倒するところは鳥肌ものです。
>|