炎の城の作品情報・感想・評価

「炎の城」に投稿された感想・評価

シェークスピアのハムレットを題材にした大川橋蔵主演のスペクタクル時代劇。ヒロイン、お姫様役で三田佳子が出演しています。とても初々しく可愛いです。大川橋蔵が国を離れていた間に大河内伝次郎演じる叔父が大川橋蔵のお父さんを殺してしまいます。母親まで手込めにされた大川橋蔵は乱心を装い叔父を欺きながら仇を討とうと狙います。仏様の前で討っていれば良かったのに~と歯痒くなりました。大川橋蔵を信じてついて行こうとしていた三田佳子が可哀想ですよ。大河内伝次郎が珍しく悪役に徹してましたがスケベっぽさが足りないなと思いました。
シェイクスピアのハムレットを戦国時代の架空の地、王見城に舞台を移した翻案物。

黒澤明の「悪い奴ほどよく眠る」はその構図にハムレットの影響が見られるとアンジェイ・ワイダに「示唆」された程度の作品なのに対して、こちらはハムレットのストーリーにより忠実に作られている。

ただし、クローディアスこと大河内傳次郎は野心家の好色親爺になっているし、ハムレットこと大川橋蔵は領民に慕われる正義漢のヒューマニストに変更されている。原作に忠実であることが必ずしも作品の魅力に通ずる訳ではなく、義務でもない。寧ろ自由に作れる所に良さがあるとは思いつつも、ハムレットは悪対正義の二項対立が魅力のジャンルではないので、この作品では余計な要素となって鬱陶しく感じられた。

ハムレットは復讐対象ではないポローニアス誤殺に際して「ねずみかな」と言い放ち斬り刻んで便所に捨てるような男だ。狂気と正気の境目に立って苦悩する人物というよりは大義と恋と義理人情に悩む浪花節ではシェイクスピアも形無しだ。何よりラストシーンの軽薄さは頂けない。
変な所では忠実なんだけど妙なヒューマニズムのせいで軸がぶれてる感じ。
ただ娯楽作品として作られた場合はある程度仕方がないのかな。

オフィーリアの入水や旅役者の行りは日本風にアレンジされて中々気迫の感じられる良シーンに仕上がっていたと思う。大川橋蔵が大河内傳次郎に迫る姿は正にゴジラ(?)
とも

ともの感想・評価

4.0
伊福部昭の音楽がマッチしていい!
ラストの迫力、凄まじい!
三田佳子…
明から帰ってくると父親が亡くなっており叔父が城主になっており母親まで叔父の嫁になっていた男が復讐するお話

「そう聞かれたらおれはそうではないと答えねばならんのだ」
ぱきら

ぱきらの感想・評価

2.5
『ハムレット』の翻案とのことですが、テレビで偶然気軽に視聴しただけなので予備知識どころかこの作品の存在も存じ上げなかったのであまり構え過ぎず、加藤泰監督はヴィジュアリストなんだなーと思ったりで、それなりに楽しめたというか。大きい変更箇所もあるものの、内容がハムレットなので楽しむという感想が適当かは分かりませんが。皆さんが挙げている、能を舞う場面や、燃えるたいまつの炎が行きかうところや、廊下の奥から向こうの人物を暗い画面で写した画や、これが撮りたかったのだろうなと感じさせられる部分がいくつも感じられました。
大川橋蔵は晩年しか知らないので意外な姿を見られたような気分です。ややむちむちっとした印象のお姿が役柄にふさわしかったかは疑問の余地もあるかもしれませんが。三田佳子もとても若くて切れ長の瞳のすっきりした美貌が見られます。高峰三枝子はここではそんなに魅力を発揮できていない印象です。大河内傳次郎という伝説の俳優さんはこの方かーなどと思いながら、拝見しました。
必見の邦画というと違うかもしれませんが、こういうシェイクスピア作品の翻案邦画もあったことを不勉強ながら存じ上げなかったので観られてよかったという気持ちにはさせてもらいました。
何も予備知識もなくいつもの東映時代劇かなと見てたら、あまりの意外さに驚愕しました!
何ていうかこんなに役者している大川橋蔵を見たのは初めてで戸惑うくらい
普段見ている綺麗でかっこいいうわべの橋蔵と違ってとにかく悩み泣き苦しむ姿ばかり
こんな大川橋蔵もあったのかと、そしてどこか中村錦之助を思わせる演技でもありました
やはり東映作品でも加藤泰が監督だと一味違うなと思わせる一作に仕上がってますね
そういう点で新鮮さはあったけど、作品としての満足度はあまりかなー
どうせ悲劇ならもっと!むしろバッドエンドであったほうが印象度は高かったかと
ラストのもっていきかたがやや強引な気がして、なんかそれまでの重さがなくなったというか、安っぽくなってしまったのが残念
m

mの感想・評価

4.0
大河内傳次郎が能を観賞するシーンがとにかく凄い。小刀を振り上げた瞬間、カメラも少し引く演出にはゾクゾクっとした。
シェイクスピアのハムレットを時代劇に移し代えた作品。映画なのに芝居も演劇的ですごくおもしろかった。やっぱりシェイクスピアの持つ普遍性は東西を問わず成立するってことなのか。ゴジラのテーマソングも素晴らしいw
イシ

イシの感想・評価

-
黒澤みたいにシェイクスピア劇を時代劇に翻訳した作品。内容も見た目もぐるんぐるんしているだけだったかなあ。翻訳するぞってところに気をとられて、筋を見失ってる気がした。
>|