エンド・オブ・デイズの作品情報・感想・評価

「エンド・オブ・デイズ」に投稿された感想・評価

昔観た時は途中で再生を止めてTSUTAYAに返しに行ってしまったんですが、久しぶりに観てみました。昔と同様、シュワちゃんが出てくるまでの前半部分がとにかく長くて苦痛!演出もなんだか盛り上がらない感じが続き、昔はここらへんで我慢できずに返してしまったんだなぁ…とちょっとノスタルジックな気持ちになれました。やたらと笑顔が気持ち悪いホームレスのインパクトだけは何十年経っても消えないですね。あの人凄い!

このまま最後まで終わっちゃうのかなーと思ったんですが、シュワちゃんが出てきてからは展開がガラッと変わりかなり面白くなりました。喋りまくってたホームレスの舌が実は無かったり、娘の周りの人物が実は全て敵だったりなどなど設定がとても興味深かったです。
ただ謎の真相を追っていく中盤部分は凄く面白かったんですが、人間の体を借りてるせいなのか乗り移ることしか出来ないせいなのかサタンさんがひとりの人間に手間取り過ぎで、肉体のせいであったとしても、もうちょっと優秀な崇拝者集めたら良かったんじゃ……と生ぬるいぬるぬる感で後半は随分失速しちゃいました。

ラストシーンも無理矢理終わらせたような感じがして、うーん…でした。神を信じなかった男が神に救いを求めるグッと来るシーンもあったりと色々良いところはあるのになんだか勿体無い感じがずっと付きまとうのは、シュワちゃんがシュワちゃんらしくないからなのかなーと思いました。
金曜ロードショーあたりで何も考えずにダラーッと観るのにはちょうどいい作品かも!
交尾したがる悪魔 VS タフガイ

敵は悪魔だが、エクソシスト映画ではない。やはりシュワちゃん主演となると一味違う。
詠唱も聖水もまったく使わない、信仰の力が宿ってるわけでもない圧倒的な火力で悪魔と戦う、コンスタンティン以上の脳筋バトル!シュワちゃんけっこうボコボコにされるけど。
アクション映画らしい強気なセリフも良いし、薄っぺらいが人間の心の闇とかも描いてて悪魔映画っぽいところもある。
悪魔映画とマッチョ映画が好きな俺にはかなりお得。
死にたがっていた男が迎える感動の年越しストーリー。

序盤の30分くらいが退屈だったところや、教会や悪魔側も計画が雑なのと、3Pの夢とかバランスの悪い無駄っぽいシーンがあって長かったのはアレだが、シュワ映画としては意外で独特な余韻が残るラストは好き。でももうちょっとジェリコの妻と娘の思い出とかを描いていれば強く感動できたかもしれないなぁ。

このレビューはネタバレを含みます

シュワちんが死んじゃうというね💀
yuko

yukoの感想・評価

-
記録 2000.1.27 東宝日劇
Ryo

Ryoの感想・評価

3.5
記録
たくみ

たくみの感想・評価

3.2
珍しくシュワちゃんボコボコにやられる話。
世紀末のNYが舞台。
まーよい
boubo

bouboの感想・評価

2.3
とりあえず、先に記録。
Ryota

Ryotaの感想・評価

3.0
金曜ロードショーで何度も観た作品。3Pシーンが妙に頭に残っている。
>|