あちゃラカモクレンきゅーらいす

愛・アマチュアのあちゃラカモクレンきゅーらいすのレビュー・感想・評価

愛・アマチュア(1994年製作の映画)
4.5
記憶喪失の男を巡った逃避行。単純だが丁寧なカットバックで、切り抜いていくところが気に入った。俳優の輪郭が素晴らしく収まっており、ひどく心に残る。明らかにゴダールのはなればなれに、とか勝手にしやがれのをやりたいんだろうなっていう。だって、背景にマリアの絵が2回ぐらい映ったり、裸婦の絵画があったり、引きのショットで戯れるかのように銃を撃つ場面があるし。
現実の女がセックスをしたがって、AVの女の服を着て情事に陥ろうとしても失敗し、最後には2人で唇を重ねて愛を手に入れるも、相手は死んでしまうとなんとも泣ける。
時折挟まれる携帯のギャグやフロッピーディスクの天丼、ゲイっぽいビデオ屋の店員、ゆたら攻撃的なおばさんや感傷的な婦警、ませた少年、サングラスをかけた怪しい男とか昔のハリウッドみたいな人を食った笑いがあって良かった。
イザベルユペールが元尼さんの役どころででているのだが、ファルコネッティのように、瞳をすみにやるところが堪らない。