愛・アマチュアの作品情報・感想・評価

「愛・アマチュア」に投稿された感想・評価

記憶喪失の男を巡った逃避行。単純だが丁寧なカットバックで、切り抜いていくところが気に入った。俳優の輪郭が素晴らしく収まっており、ひどく心に残る。明らかにゴダールのはなればなれに、とか勝手にしやがれのをやりたいんだろうなっていう。だって、背景にマリアの絵が2回ぐらい映ったり、裸婦の絵画があったり、引きのショットで戯れるかのように銃を撃つ場面があるし。
現実の女がセックスをしたがって、AVの女の服を着て情事に陥ろうとしても失敗し、最後には2人で唇を重ねて愛を手に入れるも、相手は死んでしまうとなんとも泣ける。
時折挟まれる携帯のギャグやフロッピーディスクの天丼、ゲイっぽいビデオ屋の店員、ゆたら攻撃的なおばさんや感傷的な婦警、ませた少年、サングラスをかけた怪しい男とか昔のハリウッドみたいな人を食った笑いがあって良かった。
イザベルユペールが元尼さんの役どころででているのだが、ファルコネッティのように、瞳をすみにやるところが堪らない。
ハル

ハルの感想・評価

-
画の美しさにため息でる
USインディー
FUGAZI
なんやろ、この消化不良な感じ
ROY

ROYの感想・評価

-
記憶喪失の男

見知らぬ町で自分が何者かを探っていく話

ポルノ小説を書いてる修道尼イザベル
生の喜び
男性と出会い人間達を知っていき理性が崩れていく
崇高

電気ショック

連続銃撃

電動ドリル

谷間

修道院

サントラも良かった

初ハル・ハートリー。
アンニュイ、曇り空、花、
誰も死ぬのを怖がってない。
Riku

Rikuの感想・評価

4.0
ハル・ハートリー監督作品!
この人の作品は、『シンプルメン』に続き2作目だけど 本作も面白かった!!

脚本や登場人物の設定とかいろいろ不思議だなぁ^^; 語り口にも独特の匂いがあるしね。
登場人物のセリフとか音楽に監督の遊び心めっちゃ感じた笑 ハートリー氏作ってて楽しかったろうね😁
ラストシーンは印象的。

イザベル・ユペールさん若々しくて綺麗やったわ✨ 『シンプルメン』でも メインキャストだったエリナ・レーヴェンソン、本作でも存在感抜群! おかっぱ頭似合うし可愛い。
chip

chipの感想・評価

4.0
「シンプルメン」「アンビリーバブル・トゥルース」に」引き続き鑑賞のハル・ハートリー作品。

やっぱり好き、この雰囲気!
音楽も好みです。

メインキャストは4人。
修道女あがりのポルノ小説家イザベル、
記憶喪失の男トーマス、
彼を憎むポルノ女優ソフィア、
税理士のエドワード、
不思議な雰囲気、変な人ばかり。

警察署内で取り調べをする婦警さんもやたら馴れ馴れしくて変だったし…
ビデオ屋さんの若い男も変だった(笑)
ソフィアの出てるポルノは「いちばんやばいやつ!」と言っていた。

電気ショックの拷問を受けたあとのエドワードのキレ方が半端なかった!
ユペールさん演じるイザベルもかなりの変人で…バージンなのに淫乱だ、とか…??
前髪ぱっつんのソフィアとエドワードが喫茶店で話すシーンの、一輪挿しのバラ…ソフィアにぴったりだったなあ~♡

皆、淡々と話すけれど…
ハルの不思議なテンポに、すっかりハマっている。。。

だれかが言っていた。
ハルは絵を描くように、映画を作るんだ、って。

ハル・ハートリー
もっと観たいけれど…なかなか見つからない。
jun

junの感想・評価

3.6
ハル・ハートリーの独特な雰囲気はやっぱり好きすぎる。
本作もシンプルメンに続きエリナの存在感は抜群。
>|