よしたか

ノスフェラトゥのよしたかのレビュー・感想・評価

ノスフェラトゥ(1978年製作の映画)
4.0
[ノスフェラトゥ]
クラウス・キンスキー主演
ヴェルナー・ヘルツォーク監督作品…

ヘルツォーク監督傑作選で観ました。

こちら、1922年
F・Wムルナウ監督作品
[吸血鬼ノスフェラトゥ]の
リメイク作品のようです。

内容もムルナウ監督版に
忠実なようです。

登場人物は、
ドラキュラ伯爵
弁護士ジョナサン
その妻ルーシー
ヘルシング教授などです。

冒頭からおどろおどろしいです…

ドラキュラ伯爵のビジュアルも
普通のイメージと
かけ離れていますが、
ムルナウ監督版に近いようです。
みどころのひとつです。

また、ほかにもみどころ
ジョナサンの妻ルーシー
イザベル・アジャーニさんと
いう女優さんですが、
妖しい美しさ…
この作品にぴったりです。

ちょっとだけ、
[ダリオアルジェントのドラキュラ]
出演のアーシア・アルジェントさんを
思い出しました。

他にも、ドラキュラの象徴としての
ペスト=○○○とか
トランシルヴァニアの街並み建物
衣裳、ドラキュラ伯爵の館や、
内部の調度品などは見応えあります…
毎回使ってますね、このフレーズ…
骸骨の時計はかなりイケてました♪

妖しくて不気味ででも美しい…
ぞくぞくする雰囲気は
素晴らしいです…

ハーピーエンド…かどうかは
わかりませんが
いままで観たドラキュラモノで、
初めてな古典作品とも呼べる今作
劇場観賞出来て良かったです。

あ、ずっと不気味に笑うヒト…
しばらくこびりついてました笑

なかなか面白かったです♪

[ノスフェラトゥ]

2015 12 名古屋シネマスコーレにて観賞しました。