あな

ええじゃないかのあなのレビュー・感想・評価

ええじゃないか(1981年製作の映画)
3.0
もともと、昭和の日本映画というのはあまり観たこともないし、興味もさほどない。けれど、それはあまりにも日本映画に失礼だと思うし、映画鑑賞を趣味としている日本人として恥ずかしいことだと思うので勇気を出して鑑賞。
感想は予想通り。悪い意味で。全体の撮影、カメラワークが一番の要因だ。背景を軸に録っているシーンが多くて、誰が喋ってるのかわからなくなることもあったし、暗くて顔も見えずらかった。また、そういった録り方からそのままのやり方でのカット割は違和感を感じた。そういった演出なので、人の顔と名前を覚えることが苦手な僕としてはやはり登場人物を記憶できず、話し方も時代劇特有で何を言っているのかわからない会話が多々あった。だから話には途中から付いて行けなかったし、誰が誰なのかわからなくなることもあった。その上、上映時間も長い。しかしそれなのに、全然つまらなく感じることはなかった。不思議だなぁ~。けどまぁ、やっぱり昭和の日本映画は苦手みたい。他の作品も観てみようとは思うが、おそらく同じような感想だろう。