大列車強盗の作品情報・感想・評価

「大列車強盗」に投稿された感想・評価

ピピ

ピピの感想・評価

3.5
銃撃戦のとき、音にびっくりしちゃう馬がかわいそうって印象。

音楽つくと、迫力ある。
採点ナシでレビュー、世界最古の西部劇映画。時代が時代なだけにカメラは常に固定されているけど、ただ俯瞰的に状況を映すだけじゃなくてちゃんとカットに工夫を凝らしているのが興味深い。12分という尺に加えて役者陣のキビキビした動作のおかげで展開もスピーディー。銃撃戦や乗馬のスタント等、すでに西部劇らしいアクション的要素が描かれているのも面白い。それまでの引きの構図から一転して役者が唐突にアップで映し出されるラストもインパクトがあって好き。
香

香の感想・評価

-
集中講義で
サイレント作品ながらも話が理解できる不思議さ
12分と短くも楽しめる作品
4

4の感想・評価

-
講義で鑑賞。
物語の展開が少しわかりにくい。
別々の場所の映像が繋がれることで、同時進行のストーリーが展開される。
映っていない場が使われ、映っているものが全てではない展開になっていた。
余りにも有名な最初の西部劇。スクリーン新書「ミステリー映画を楽しむために」によればエジソンの弁で、あのラストショットは冒頭・ラストのどっちに持ってきても良くて、上映する側の自由に任せていたらしい。おおらかだな〜。
KazukiIto

KazukiItoの感想・評価

3.0
歴史的価値のある作品。
列車を盗むのかと思ったら違った。
凛太朗

凛太朗の感想・評価

3.0
世界初の西部劇と呼ばれる作品。
監督はエドウィン・S・ポーターで、発明王トーマス・エジソンのエジソン社によって制作されています。

タイトルの通り列車強盗の映画で、西部劇には欠かせないカウボーイや銃や馬などが登場。
ラストシーン(このシーンが冒頭に来る場合もあるそうな)のワンショット、強盗団のリーダーがカメラに向かって発砲するシーンは、当時の観客はびっくりしたんじゃなかろうか?
明確なプロットがあり、ロケーション撮影が行われていて、それを活かした撮り方になっていたり、後にグリフィスの代名詞となる、別々の場所で起こっている同時系列の事象を繋ぐクロスカッティングという編集技法が使われていたりします。

今では、厳密には西部劇じゃないと言われてますけどね。西部じゃなくて、西海岸のニュージャージーで撮ってるからとか、これ以前にも西部劇らしい映画があったからとか、強盗映画からヒントを得て作られているからとか。

今観て真新しさがあるわけではないけど、映画の歴史的に見て非常に重要な作品。
>|