魚と寝る女の作品情報・感想・評価

「魚と寝る女」に投稿された感想・評価

いや寝てないし!
" 魚と寝る女 " じゃなくて、むしろ " 魚のような女 " だし!
でも原題は " 島 " なんですね... って余計意味不明だし!!

ということで、キム・ギドク作品は僕にはまだ早かったようで、なんとも不思議、ワケワカメ、難解な作品でありました。


とある湖でたった一人で釣り宿を営む女 " ヒジン "。
釣り宿は寝泊まりのできる小さな家のような1ルームサイズの水上に浮かぶ筏(いかだ)で、ヒジンは湖に点在する幾つもの釣り宿を管理し、ボートを出して釣り客の送り迎えをしたり、食べ物や飲み物を売ったり、また時には自らの身体を売って生計を立てていた。

ある日、恋人を殺してしまった罪にさいなまれる男 " ヒョンシク " が、自分の死に場所を探してヒジンの釣り宿へやってくる。

そこで出会ったヒジンとヒョンシクは...



主人公のヒジンは無愛想で終始不機嫌な表情、さらに無口というか一言も言葉を発しません。
もうこの時点でヒジンが何を考えているのかよく分からないというね。

あと、ヒジンは一応人間なので、基本的に普通に陸上で生活しますが、ただ、魚のごとく水中を自在に移動し(服を着たまま、しかもロングヘアーにロングスカートといういでたち。水着着てるわけじゃありません)
へ? そんなとこから登場しますか!?
ってな、とんでもな場所に出没してみたり、あれやこれや奇妙で不可解な行動をとる不思議ちゃんです。

そうなんです、本作ではあたかも人間が魚であるかのような描写がわんさか出てきます。

例えば、" 魚釣り " ならぬ " 人間釣り "
実際、釣り竿使って、釣り針にかかった男や女を釣ったり釣られたりするというね。
それはもう深夜のバラエティ番組でもお目にかかれないようなシュールな絵づらが展開します。

しかもその釣り針の刺さる場所が...
しかも1本じゃなく何本も刺さるというね。

そんで刺さった釣り針を抜くのがもう、、うへぇ、、見てるだけで痛い!痛い!
まあスプラッタ映画ではないので、眉をひそめる程度で見ていられますが、でもこの釣り針のシーン、そこいらの生ぬるい拷問映画より痛いので、イタイイタイ系苦手な人は少し覚悟しておいたほうが良いかもです。

そんな感じで湖の釣り宿を舞台に、人間を魚のように表現したり、実際釣っちゃったりする奇妙な映画なわけですが、これが人の感情とか? 男女の関係とか? 何かを示唆する暗喩、メタファーになっていると思われ、なので分かる人には分かるのでしょうが、僕にはさっぱりで、まさに釣り上げられたお魚のように口ぱっかーんな作品でした。

特にあのユラユラと漂う " マリモ? " は、一体何を意味していたんだろ?

とゆーことで本作、釣り針のシーンくらいしかお勧めできませんが(←そこ勧める?)、哲学的解釈系の作品が好き、もしくはワケワカメ描写の謎解きが好き、もしくは単に人間釣りに興味あり、そんな人はトライしてみても良いかもです。
Kん

Kんの感想・評価

3.2
理解するというよりは感じる類のものなのかもしれない。しかし痛い。
ちか

ちかの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

自分的に結構余韻の残る映画。湖にあんな風に釣り堀があるの知らなかったし、そこで働いてるのがあんなミステリアスで生活感満載の美人で生臭い魚とじじいが集う少しカオスな組み合わせで面白い。しかも湖を泳いでこっそり客のところにいくのは魚みたいだし、もと警察官の男が自殺未遂直後の時に行為を半ば強引にやるのも題名のまんまに魚とねる女だしで、常に魚を意識しているというか人と魚を投影している。なかなかの奇想天外な発想で監督さすが。
「弓」もそうだけど、水辺の画の圧倒的美しさで、キムギドク的純愛(キモい/狂気)なんだか納得してしまう
『弓』『春夏秋冬そして春』
キム・ギドクの作品で特に好きなこの2作の原点と言える作品が本作。
社会から隔離された、まるで塀の中のような世界を、美しい風景に汚い人間のエゴイズムを対比して描く本作は上の2作に負けず劣らずのぶっ飛び様であった…笑
ツッコミどころが多すぎて笑えてくるシーンも多々あるが、それを含めてキム・ギドクアートなのだ。
もはや仙人の域に達しているキム・ギドク。色々問題は抱えているみたいですが、本作のようなぶっ飛んだ作品をめげずに作り続けて下さい。
ただこの映画、GWの楽しい時期に見るべき映画ではなかった…笑
星

星の感想・評価

4.8
どこか神代辰巳の往年のロマンポルノを想起させるシュールでエグい恋愛映画。冒頭の水面を行き来する人々とボートの画の美しさは特筆もので、そこから痛々しいまでの女の粘着ぶりと情念が映画全体に染み込んでくる。まるで羊水に浸ってるかのような淫靡な時間を過ごせた。やはりこれは抑圧された者の心理を描いたポルノ映画。韓国映画ならではのクセの強い作風だが、私はかなり気に入った。
sato

satoの感想・評価

2.9
霧の中にぼんやり浮かぶ鮮やかな釣り小屋の美しさ。表面を剥ぎ取られても生き続ける魚。船を漕ぐ何もしゃべらない女。そして最後の茂み。全てが画的で恐ろしい。キム・ギドクの作品はほんと精神的に疲れるし理解に悩まされるけどいつも観てしまうよ。。
不思議な映画。
台詞が殆ど無いのに見入ってしまう。
若干ホラーな要素もある。
masa

masaの感想・評価

4.0
なんつぅー痛い映画。
そして恐ろしく綺麗な映像。
そして素晴らしいアート作品。
残酷美とエロス。
キム・ギドクやはり天才。

水面に点々と浮かんでいる釣り客用の水上小屋をひとりで管理している女(ソ・ジュン)。客を乗せてボートで送り迎えしながら、夜になると客をとることもある。ある日死に場所を求める男がここにたどり着き…

霧がかった湖上に浮かぶ小屋と女だけで、最高に美しい。

主演のソ・ジュンが水と一体化している。一挙手一挙足が妙に艶めかしい。そして愛とは痛みを伴うもの…

ヴェネチア映画祭で失神者が出たという衝撃シーンはほんと観てるだけで痛みが走る……映画史上に残る激痛シーンだ。

ラストも自分は好き。
>|