魚と寝る女の作品情報・感想・評価

「魚と寝る女」に投稿された感想・評価

いや寝てないし!
" 魚と寝る女 " じゃなくて、むしろ " 魚のような女 " だし!
でも原題は " 島 " なんですね... って余計意味不明だし!!

ということで、キム・ギドク作品は僕にはまだ早かったようで、なんとも不思議、ワケワカメ、難解な作品でありました。


とある湖でたった一人で釣り宿を営む女 " ヒジン "。
釣り宿は寝泊まりのできる小さな家のような1ルームサイズの水上に浮かぶ筏(いかだ)で、ヒジンは湖に点在する幾つもの釣り宿を管理し、ボートを出して釣り客の送り迎えをしたり、食べ物や飲み物を売ったり、また時には自らの身体を売って生計を立てていた。

ある日、恋人を殺してしまった罪にさいなまれる男 " ヒョンシク " が、自分の死に場所を探してヒジンの釣り宿へやってくる。

そこで出会ったヒジンとヒョンシクは...



主人公のヒジンは無愛想で終始不機嫌な表情、さらに無口というか一言も言葉を発しません。
もうこの時点でヒジンが何を考えているのかよく分からないというね。

あと、ヒジンは一応人間なので、基本的に普通に陸上で生活しますが、ただ、魚のごとく水中を自在に移動し(服を着たまま、しかもロングヘアーにロングスカートといういでたち。水着着てるわけじゃありません)
へ? そんなとこから登場しますか!?
ってな、とんでもな場所に出没してみたり、あれやこれや奇妙で不可解な行動をとる不思議ちゃんです。

そうなんです、本作ではあたかも人間が魚であるかのような描写がわんさか出てきます。

例えば、" 魚釣り " ならぬ " 人間釣り "
実際、釣り竿使って、釣り針にかかった男や女を釣ったり釣られたりするというね。
それはもう深夜のバラエティ番組でもお目にかかれないようなシュールな絵づらが展開します。

しかもその釣り針の刺さる場所が...
しかも1本じゃなく何本も刺さるというね。

そんで刺さった釣り針を抜くのがもう、、うへぇ、、見てるだけで痛い!痛い!
まあスプラッタ映画ではないので、眉をひそめる程度で見ていられますが、でもこの釣り針のシーン、そこいらの生ぬるい拷問映画より痛いので、イタイイタイ系苦手な人は少し覚悟しておいたほうが良いかもです。

そんな感じで湖の釣り宿を舞台に、人間を魚のように表現したり、実際釣っちゃったりする奇妙な映画なわけですが、これが人の感情とか? 男女の関係とか? 何かを示唆する暗喩、メタファーになっていると思われ、なので分かる人には分かるのでしょうが、僕にはさっぱりで、まさに釣り上げられたお魚のように口ぱっかーんな作品でした。

特にあのユラユラと漂う " マリモ? " は、一体何を意味していたんだろ?

とゆーことで本作、釣り針のシーンくらいしかお勧めできませんが(←そこ勧める?)、哲学的解釈系の作品が好き、もしくはワケワカメ描写の謎解きが好き、もしくは単に人間釣りに興味あり、そんな人はトライしてみても良いかもです。
韓国映画初鑑賞。

好きな世界観だった。静かで水の音だけが響いていて 官能、痛み、孤独、死。どうしてだか、「赤い蝋燭と人魚」を思い出した。

この女性が人間的でなくまるで人魚のようで 水とか魚とか 血、自傷的行為、弱い人間、狂気 青年は人魚に魅入られたのではとも思った。

色々と何かの象徴なのだろうか。
みさお

みさおの感想・評価

3.0
静かで痛々しい映画でした。
aibaba

aibabaの感想・評価

3.0
5本目のキム・ギドク作品。

なんでそんなことするのよ!って思わずやっぱり突っ込んでしまう。
基本的に比喩表現だから、それを理解しようとしないと訳がわからない映画として終わってしまう。能動的に見ないといけない。記号性が強いから、宗教画を見る時の感覚に近い。ほんと辛い。

原題が「The Isle」なのに邦題が「魚と寝る女」って全然違うじゃん。
ただ、本当に魚(男)と寝ているから間違いではない。

直視出来ないかなり痛々しいシーンがあり、それがまさに男を釣る場面。文字通り男を釣っている。

この女性が実は魚で、この湖は子宮を表現しているという感想を目にした。確かに言われてみればそう見える...が、普通に観てると全然受け入れられない。

ホラー映画にも見えるし、鶴の恩返し的な民話にも見える。
どう見るのが正しいのだろうか。


ただ、強烈に印象に残る映画ではあった。
あきら

あきらの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

キム・ギドクはやっぱり言葉がない方が好きだな。

「春夏秋冬〜」もだけど、水に浮かぶ建物の映像って、理屈抜きになんかぐっときます。
というかこの作品は「春夏秋冬〜」と対になってる印象。

終始ぬめっとした湿度の高い映像。
虚無に裏打ちされたエロス。
痛みと引き換えの執着。
暴力と紙一重の愛。
いや〜このヒリヒリ感、とても好きだ。

釣り上げた魚の半身を削いでまた放流するとかね。そんな発想あまりしないよな。
ごく自然にやってそうな、えげつなさとおぞましさ。

魚と寝るって……そういうことか!!!
人を魚に見立てる手法とかもね、実にキム・ギドク。こわいわ!好き!

ただこれは極私的に、犬を叩いたりとか、べちゃべちゃした食事シーンだけは苦手だ。

黄色いペンキを含ませた刷毛を絡ませ合うだけで、なんであんなにエロティシズムなんすかね?
ふつうのラブシーン?よりずっと淫靡でした。

結局魚になったのは女だった?みたいな解釈で合ってる?
tmtkhzm

tmtkhzmの感想・評価

3.6
孤独な女と自暴自棄な男
釣り小屋、ボート。
寂しい風景の中にある動物的本能。

なんとも痛みが伝わる作品だ。
eri

eriの感想・評価

3.2
初キム・ギドク作品。比喩表現が強く観る人を選ぶ映画。個人的には好きでした。
バイオレンスな場面なのに静かで綺麗な風景がなんとも言えません。
Shihori

Shihoriの感想・評価

3.8
キム・ギドクってロマンチスト
そして静けさ、ファンタジーと気味の悪さ
総じて好きな世界観だけど、ラストがあまり…
やっぱり「悪い男」がいちばん好き
とんでもねぇ映画を観ちまった、、って思えるギドク作品。TUTAYAにないなーって思ってたらまさかのNetflixに。

エロとグロだけじゃなくて音の使い方と映像の綺麗さ、ヒリヒリするサスペンス、ということでほんと大好物。ほんと好き。
皆さん目がね、目のかんじがホントよいですね。

あー好きだわ。
果糖

果糖の感想・評価

5.0
語らずに全てを語っている恐ろしい映画。1つの到達点では、という気持ち。少し笑えてしまうぐらいが、ちょうどいい。
>|