魚と寝る女の作品情報・感想・評価

「魚と寝る女」に投稿された感想・評価

いや寝てないし!
" 魚と寝る女 " じゃなくて、むしろ " 魚のような女 " だし!
でも原題は " 島 " なんですね... って余計意味不明だし!!

ということで、キム・ギドク作品は僕にはまだ早かったようで、なんとも不思議、ワケワカメ、難解な作品でありました。


とある湖でたった一人で釣り宿を営む女 " ヒジン "。
釣り宿は寝泊まりのできる小さな家のような1ルームサイズの水上に浮かぶ筏(いかだ)で、ヒジンは湖に点在する幾つもの釣り宿を管理し、ボートを出して釣り客の送り迎えをしたり、食べ物や飲み物を売ったり、また時には自らの身体を売って生計を立てていた。

ある日、恋人を殺してしまった罪にさいなまれる男 " ヒョンシク " が、自分の死に場所を探してヒジンの釣り宿へやってくる。

そこで出会ったヒジンとヒョンシクは...



主人公のヒジンは無愛想で終始不機嫌な表情、さらに無口というか一言も言葉を発しません。
もうこの時点でヒジンが何を考えているのかよく分からないというね。

あと、ヒジンは一応人間なので、基本的に普通に陸上で生活しますが、ただ、魚のごとく水中を自在に移動し(服を着たまま、しかもロングヘアーにロングスカートといういでたち。水着着てるわけじゃありません)
へ? そんなとこから登場しますか!?
ってな、とんでもな場所に出没してみたり、あれやこれや奇妙で不可解な行動をとる不思議ちゃんです。

そうなんです、本作ではあたかも人間が魚であるかのような描写がわんさか出てきます。

例えば、" 魚釣り " ならぬ " 人間釣り "
実際、釣り竿使って、釣り針にかかった男や女を釣ったり釣られたりするというね。
それはもう深夜のバラエティ番組でもお目にかかれないようなシュールな絵づらが展開します。

しかもその釣り針の刺さる場所が...
しかも1本じゃなく何本も刺さるというね。

そんで刺さった釣り針を抜くのがもう、、うへぇ、、見てるだけで痛い!痛い!
まあスプラッタ映画ではないので、眉をひそめる程度で見ていられますが、でもこの釣り針のシーン、そこいらの生ぬるい拷問映画より痛いので、イタイイタイ系苦手な人は少し覚悟しておいたほうが良いかもです。

そんな感じで湖の釣り宿を舞台に、人間を魚のように表現したり、実際釣っちゃったりする奇妙な映画なわけですが、これが人の感情とか? 男女の関係とか? 何かを示唆する暗喩、メタファーになっていると思われ、なので分かる人には分かるのでしょうが、僕にはさっぱりで、まさに釣り上げられたお魚のように口ぱっかーんな作品でした。

特にあのユラユラと漂う " マリモ? " は、一体何を意味していたんだろ?

とゆーことで本作、釣り針のシーンくらいしかお勧めできませんが(←そこ勧める?)、哲学的解釈系の作品が好き、もしくはワケワカメ描写の謎解きが好き、もしくは単に人間釣りに興味あり、そんな人はトライしてみても良いかもです。
やっと観れた~🙌
キム・ギドク様の世界観満載です~😍

キム・ギドク様の男女の愛の形って、
何でこういつも純粋すぎるあまりに不器用で歪んでて、こんなにも難しいんやろ...って思うけど、
これこそが人間味のあるリアルな愛の形なんよねきっと!
普段私たちが観ているラブストーリーは綺麗すぎて現実味がないもの😫
まさに生きた人間の生々しいラブストーリーです♥️

そして、釣り針はね、こんな使い方があるんかーーーーーぃ😱💦💦って新たな発見✨
もうビックリ❗️
お互いの愛を測る為に命懸けで...釣り針返しwww撃沈😨
そんな痛々しいシーンの中にも、細かい部分にちゃんとユーモアもあって、愛もあって、
凄い細部まで作り込んでて、観てると感激しちゃう✨

痛々しいシーンは多いけど、
とても愛のある作品😊
愛の形にとらわれちゃダメだ!と教えてくれる。
ヤバイ、キム・ギドク愛が止まらない💕笑
yh

yhの感想・評価

3.9
痛くて猟奇的な愛でいかにもキム・ギドクという感じ。
現実離れしたようなロケーションもすごかった。
キムギドク初期の作品
春夏秋冬、そして春
ほどではないけれども、ロケーションが素晴らしかった
変な映画だった、、、
Natsu

Natsuの感想・評価

4.0
🏞🛶🏠🎣🕊🐕🌧🌌🛵💙

ヒロインがメンヘラ上級者って感じ。
でも個人的にはちょっとベティ・ブルーっぽさも感じてなかなか好き。

キム・ギドク作品ってものすごく殺風景で現実味もあるのに、なぜかいつも謎の変なファンタジーさを感じてしまう。観る観るうちに不思議の国に迷い込んだみたいになる。
中学生の時だから10年以上前?にGyaOで配信されてて真夜中に1人何となく観た記憶。作品名も監督名も知らないで何となくだったから記憶がすごく曖昧で。だけどずーっと未だに頭に残ってるシーンがありまたふと思い出したので検索。そして改めて観ると内容は私には理解しがたく、こんなに痛々しくて苦しいものだったのか…。
キム・ギドクだったのね。うーんこれは納得…。
そしてたまに思い出す湖の上に浮かぶ家と霧の中進むボート。最後の男が入っていく草むらが主人公の陰毛へとリンクしていくシーンは昔の私の記憶を美化されたものじゃなくて美しいなと思ったあのままで嬉しかった。

それにしても中学の自分はよくこれを見ようと思ったな、、。
a

aの感想・評価

-
え?∑(O_O;)
うまくレビューできません(笑)
静かなのに強烈な映画でした!!

主人公の女性はスカートなのにいつも脚を大きく広げてますね(笑)
感情のままに生きているような感じ!
癖のある者しか来ない島。
グロテスクなシーンも多い。

最後はどーゆーこと?∑(O_O;)
解説読みます(笑)
素人の私は点数つけられません(笑)
世間からはぐれたものが流れ着く「島」の上で、孤独を埋め合わせるように性に溺れていく男を主人公としてる映画。相手の娼婦が本能でしか、その孤独感を感じることができないという設定が何よりもえげつないと思った。韓国映画が、こんなにも冷えたていると思わなかったから色々観ていこうと
衝撃的シーン、痛いシーンが多い.ラストがいまひとつ.
>|