魚と寝る女の作品情報・感想・評価

「魚と寝る女」に投稿された感想・評価

いや寝てないし!
" 魚と寝る女 " じゃなくて、むしろ " 魚のような女 " だし!
でも原題は " 島 " なんですね... って余計意味不明だし!!

ということで、キム・ギドク作品は僕にはまだ早かったようで、なんとも不思議、ワケワカメ、難解な作品でありました。


とある湖でたった一人で釣り宿を営む女 " ヒジン "。
釣り宿は寝泊まりのできる小さな家のような1ルームサイズの水上に浮かぶ筏(いかだ)で、ヒジンは湖に点在する幾つもの釣り宿を管理し、ボートを出して釣り客の送り迎えをしたり、食べ物や飲み物を売ったり、また時には自らの身体を売って生計を立てていた。

ある日、恋人を殺してしまった罪にさいなまれる男 " ヒョンシク " が、自分の死に場所を探してヒジンの釣り宿へやってくる。

そこで出会ったヒジンとヒョンシクは...



主人公のヒジンは無愛想で終始不機嫌な表情、さらに無口というか一言も言葉を発しません。
もうこの時点でヒジンが何を考えているのかよく分からないというね。

あと、ヒジンは一応人間なので、基本的に普通に陸上で生活しますが、ただ、魚のごとく水中を自在に移動し(服を着たまま、しかもロングヘアーにロングスカートといういでたち。水着着てるわけじゃありません)
へ? そんなとこから登場しますか!?
ってな、とんでもな場所に出没してみたり、あれやこれや奇妙で不可解な行動をとる不思議ちゃんです。

そうなんです、本作ではあたかも人間が魚であるかのような描写がわんさか出てきます。

例えば、" 魚釣り " ならぬ " 人間釣り "
実際、釣り竿使って、釣り針にかかった男や女を釣ったり釣られたりするというね。
それはもう深夜のバラエティ番組でもお目にかかれないようなシュールな絵づらが展開します。

しかもその釣り針の刺さる場所が...
しかも1本じゃなく何本も刺さるというね。

そんで刺さった釣り針を抜くのがもう、、うへぇ、、見てるだけで痛い!痛い!
まあスプラッタ映画ではないので、眉をひそめる程度で見ていられますが、でもこの釣り針のシーン、そこいらの生ぬるい拷問映画より痛いので、イタイイタイ系苦手な人は少し覚悟しておいたほうが良いかもです。

そんな感じで湖の釣り宿を舞台に、人間を魚のように表現したり、実際釣っちゃったりする奇妙な映画なわけですが、これが人の感情とか? 男女の関係とか? 何かを示唆する暗喩、メタファーになっていると思われ、なので分かる人には分かるのでしょうが、僕にはさっぱりで、まさに釣り上げられたお魚のように口ぱっかーんな作品でした。

特にあのユラユラと漂う " マリモ? " は、一体何を意味していたんだろ?

とゆーことで本作、釣り針のシーンくらいしかお勧めできませんが(←そこ勧める?)、哲学的解釈系の作品が好き、もしくはワケワカメ描写の謎解きが好き、もしくは単に人間釣りに興味あり、そんな人はトライしてみても良いかもです。
木耳

木耳の感想・評価

4.5
ついに観ることができました。

痛々しくて目を背けたくなるところ(実際めをつぶってしまう)もたくさんあるけれど、圧倒的な映像の美しさは、静止画としても完成された風景画のようです。

対比なのか出てくる人間は美しくなくて
醜悪で貧祖で滑稽で悲哀にみちています。

そんな人間がときおり静謐な風景画に鮮やかな紅い花を咲かせるのだから、
やっぱりキム・ギドク監督の映画が好きだと再認識するのでした。
明烏

明烏の感想・評価

4.3
鑑賞しながら食べた『柿の種 焦がしラー油風味』がとても美味かった。本格中華の味である。
それはいいとして、キム・ギドク監督作『魚と寝る女』(この邦題、センスなさすぎるやろ)を鑑賞。この監督の作品、観るのは初めてなんですが、めちゃくちゃ好みです。

息を飲むほどの美しい風景は絵画的でありファンタジック。
台詞を極限まで排した静寂の中で描かれる、痛々しい程の純愛。
観ている間終始ドキドキしていました。

時折挟まれるユーモアも可愛らしいし、深遠そうな比喩(鯉とかラストとか)もあれこれ考え出すと面白い。
けど、この映画は小難しい事を考えず、純粋に観たい映画だ。こんな作品を語るのに、無理に言葉を費やすのは野暮ってもんでしょう。

あの痛烈なシーンには「うぁー」と頭を抱えたが、観終わってから思えばあれ以上の演出はないと思える。
体の内側をグッと引っ張られる様な辛さ、身体のそこから湧き上がる叫び、正に「恋の痛み」そのものではないでしょか。
dee

deeの感想・評価

3.4
えっ
簡単なようでむずかしすぎる
意味がわからないけど、全体像はなんとなく掴める
キムギドク監督の作品はセリフ少ないのが多いね。後から考えて想像するのがだんだん楽しくなってきた
いいかげんにしてくれキムギドク
Erina

Erinaの感想・評価

3.2
霧のなか、点々と浮かぶ釣小屋の幻想的な風景にもう目が釘付け。オープニングから映像の美しさに衝撃を受ける。

静かで猟奇的。
“釣り”のシーンは狂気でしかない。
鯉も人も痛めつけられても苦しくても
もがきながら生きていく。
ほとんど台詞もないのに痛々しすぎて見てられない。

暴力と欲望と狂気でしかないのだけど
なんだかキムギドク作品の魅力がわかった気がする。
2018/02/01 NETFLIX
メモ
もう一回みる
芹奈

芹奈の感想・評価

3.3



監督の作品は好きなものが多いから
期待値の高いまま臨んだら
かなり歪で痛々しかった


途中で何観させられてんだ?ってなった
>|