さとさとし

兵隊やくざのさとさとしのレビュー・感想・評価

兵隊やくざ(1965年製作の映画)
-
満州の駐留する軍の中が舞台。
戦争ものだけど敵と戦う戦場は描かれず、駐留軍の宿舎がメイン。
自由な外出を禁じられ、度を越えたきつい訓練をやらされる様子は刑務所さながら。
田村高廣演じる有田上等兵(軍隊嫌いで知的でしゅっとして男前)が、もとやくざの勝新太郎演じる新兵(大柄、ぽっちゃり、くまさんみたい)大宮の教育係を任される。
この二人が互いのことを信頼し、軍隊特有の理不尽ないじめと戦う様を描く。
‥どう見てもこの二人できている。この二人のキスするんじゃないか?って思うくらいのラブラブっぷり。痛快娯楽ラブラブエンターテイメント。
この作品、主人公二人の魅力が存分に出ている。私は今後、勝新太郎といわれたら大宮を、田村高廣と言われたらこの上等兵殿を思い出すだろう。
「黙って俺についてこい」