トカゲロウ

知らなすぎた男のトカゲロウのレビュー・感想・評価

知らなすぎた男(1998年製作の映画)
3.7
90分というコンパクトな時間に色々な仕掛けをテンポ良く詰め込んだ良作。

イギリスとロシアの条約締結の裏で進行していた陰謀に、何も知らない中年が勘違いで割り込み、大騒動を巻き起こします。

今作はビデオ屋のオッサンが主人公。
なので、ボンドカーでもBMWでもなくミニクーパーを暴走させます。
「1度やってみたかったんだ。」と、ハニカミながらの発言には共感ものです。

そして、ヒロインの美脚メイド姿には男性は鼻の下が伸びるでしょう(笑)

今作は「イメージ」が多用されていましたね。
ロシア人はロシア人らしく、イギリス人はイギリス人らしく、ドイツ人はドイツ人らしく、そして日本人もちょっとだけ出てきますよ!全身バーバリーです(笑)
やっぱり90年代の日本人はそんなイメージですか、、、

ラストは悪役以上に主人公にハラハラさせられました。
マトリョーシカはあんなに危険なんですねぇ( ´∀`)

個人的に一番のポイントはキスシーンが自然な所です。
キスシーンの気配を察知すると、身構えてしまう性質なのですが、不思議と今作にはありませんでした。
また、弟とTV側にも勘違い進行させる脚本は技ありですね。