灼熱の魂の作品情報・感想・評価

「灼熱の魂」に投稿された感想・評価

ドゥニ・ヴィルヌーブ祭り、締めの1本。

灼熱の魂…。

あああああああああああああああああ!
魂が揺さぶられる。
ラストの衝撃に心が耐えられない。

ー 人は真実の前に沈黙する ー

劇中の言葉の通りだ。

カナダ、ケベック州に住む双子の姉弟ジャンヌ(メリッサ・デゾルモー=プーラン)とシモン(マクシム・ゴーデット)は亡くなった母ナワル(ルブナ・アザワル)の遺言を受け、既に死んだと思われていた父と兄の存在を知らされる。ジャンヌには父への手紙、シモンには兄への手紙が託され、二人は母の故郷中東の地へ向かう。

母を好意的に思っていなかったシモンはカナダに残り、先に姉のジャンヌが母の人生の軌跡を辿る。

今まで知らなかった母ナワルの壮絶な人生。
僕らが知らなかったレバノン内戦の事実。
キリスト教徒とイスラム教徒による血の歴史。

あまりに壮絶で言葉を失くす。

映画は色んな国の色んな時代を映してくれる。
時に楽しく、時に胸を掻きむしられる様な現実がすぐ目の前に広がる。

この作品はまさに後者だ。

父は亡くなった筈ではなかったのか?
兄は何処にいるのか?

レディオヘッドの不穏な音楽で幕を開け、終盤に明かされる衝撃の事実にまだ心の整理がつかない。
Kalina

Kalinaの感想・評価

4.5
衝撃的な内容だった。

映画が始まったその瞬間から、監督の圧倒的な気合いを感じる出だしだった。

章毎に真っ赤な文字で映し出される違和感たっぷりのタイトルも、観客に「目撃」してもらいたいという狙いがあるように感じた。
ただ映画を観ているのではなく、資料館等で現実の資料をみた時のような衝撃。
映画に入り込んで観て欲しいけど、同時に知って欲しい、ただの映画で終わらせたくないというような強烈な意図。

タイトルだけじゃない。音楽の使い方や、映像の撮り方等、ところどころに違和感を挟んでくる。
でもそれにしっかりと意図を感じる事ができる。

この映画のタイトルの強さに負けず劣らず、観客に容赦無く映画(映像・音楽・ストーリー)を突きつけてくる。

しかし先日観た同監督の「メッセージ」といい、この監督のテーマは大きく『母性』なのかしら?
母性系映画は苦手なものの一つなのだけど、母性に関連するまた別の感覚を持って作品作りをしている気がするので、他の作品も観てみよう。
し

しの感想・評価

4.5
冒頭から中盤にかけてのレディオヘッドは一体何だったんや…あんなかっこいいのかけられたらそれに即した熱いラストを期待してしまうやん…今年入って一番キツい映画だったわ…母強しってことが言いたいのかもだけどショックで実際死んでしまってるやん………ダンサーインザダークばりの精神的ボディブロー食らったね…


ただ いち暴力ファンとしてはあらゆる体罰を与えられたって言う割におかんが無傷で納得いかなかったな、拷問官何やってんだよ
marika

marikaの感想・評価

-
うまく整理できないのでRadiohead聴きながら家まで歩いて帰ることにした 音楽によって映像に奥行きが与えられていた、中盤とか特に。すべて母の愛だとおもった。強すぎる。
sets

setsの感想・評価

-
芸術劇場
フィルムでシブい作品が楽しめます。
おぉっと感激感動する作品に出会えます。
エグいです。切ないです。これが映画なんですよね。。
双子がプールに入るカットは何とも言えない感覚になります。
☆☆☆★★★


2018年10月15日 シネマブルースタジオ
これが現実で有り得たとしたら辛すぎる、
1+……
初スクリーンでの鑑賞。

観客10人に満たない中、意外と迫力のあるスクリーンにて鑑賞。

炎をバックに顔面アップの絵はとても迫力があった。
一つ一つ真実に近づくにつれ胸が苦しかったです。

最期、子供達に真実を告げたのは母親からの愛だったのだろうと思う。今まで愛すること、一緒にいることができなかった謝罪を込めて。

監督から祖母達に捧げられた作品だった。

北千住 シネマブルースタジオにて。
icdtr

icdtrの感想・評価

4.0
血縁、家族についての映画。ブレードランナーと同じだ!最高
megu

meguの感想・評価

4.1
えー!これすごいわ。
たまげました。🙀
私は、あまり頭が良くない方なので
ちょっと難しいなぁ〜なんて思いながらみていました。
中盤ぐらいから徐々に見入ってしまいます。
簡単に見れる映画ではないからしっかり見る事をオススメします!
1+1=1の意味
見終わるまで分からず、見終わっても全てを完璧に理解できなかったのです。
解説をみて、頭の中で全ての謎が繋がったときに、おおお〜ってなりました。
うわうわ〜〜🙀って、
母は、やはり強い。
特にこのお母さんは、強い女性!
そして、息子を思う気持ちに泣けます。
でも、半端ないぐらい切ないです。
同じ映画は、2度みたいと思わないんですが、またゆっくり見直したいと思いました。
>|