灼熱の魂の作品情報・感想・評価

灼熱の魂2010年製作の映画)

INCENDIES

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

4.1

あらすじ

それはあまりにも突然で奇妙な出来事だった。双子姉弟ジャンヌとシモンの母親ナワルが、ある日プールサイドで原因不明の放心状態に陥り、息絶えたのだ。さらに姉弟を驚かせたのは、ナワルを長年秘書として雇っていた公証人のルベルが読み上げた遺言だった。ルベルはナワルから預かっていた二通の手紙を差し出す。それは姉弟の父親、兄それぞれに宛てられたもので、今どこにいるのか分からない彼らを捜し、その手紙を渡す事が、母…

それはあまりにも突然で奇妙な出来事だった。双子姉弟ジャンヌとシモンの母親ナワルが、ある日プールサイドで原因不明の放心状態に陥り、息絶えたのだ。さらに姉弟を驚かせたのは、ナワルを長年秘書として雇っていた公証人のルベルが読み上げた遺言だった。ルベルはナワルから預かっていた二通の手紙を差し出す。それは姉弟の父親、兄それぞれに宛てられたもので、今どこにいるのか分からない彼らを捜し、その手紙を渡す事が、母の遺言だった。しかし兄の存在など初耳で、父はとうの昔に死んだと思い込んでいた姉弟は困惑を隠せない。シモンは母の遺言を「イカれてる!」と吐き捨てるが、ジャンヌは遺言の真意を知る為に、母の祖国を訪ねる事を決意する。いったいその手紙には何が記されているのか?そして母が命を賭して、姉弟に伝えたかった真実とは…。

「灼熱の魂」に投稿された感想・評価

ドゥニ・ヴィルヌーブ祭り、締めの1本。

灼熱の魂…。

あああああああああああああああああ!
魂が揺さぶられる。
ラストの衝撃に心が耐えられない。

ー 人は真実の前に沈黙する ー

劇中の言葉の通りだ。

カナダ、ケベック州に住む双子の姉弟ジャンヌ(メリッサ・デゾルモー=プーラン)とシモン(マクシム・ゴーデット)は亡くなった母ナワル(ルブナ・アザワル)の遺言を受け、既に死んだと思われていた父と兄の存在を知らされる。ジャンヌには父への手紙、シモンには兄への手紙が託され、二人は母の故郷中東の地へ向かう。

母を好意的に思っていなかったシモンはカナダに残り、先に姉のジャンヌが母の人生の軌跡を辿る。

今まで知らなかった母ナワルの壮絶な人生。
僕らが知らなかったレバノン内戦の事実。
キリスト教徒とイスラム教徒による血の歴史。

あまりに壮絶で言葉を失くす。

映画は色んな国の色んな時代を映してくれる。
時に楽しく、時に胸を掻きむしられる様な現実がすぐ目の前に広がる。

この作品はまさに後者だ。

父は亡くなった筈ではなかったのか?
兄は何処にいるのか?

レディオヘッドの不穏な音楽で幕を開け、終盤に明かされる衝撃の事実にまだ心の整理がつかない。
すさまじい映画。
こんな結末だなんて、予想していなかった。
chiro

chiroの感想・評価

-
ああ! って声が出た
NaitoMami

NaitoMamiの感想・評価

3.8
人も神も、ここまで残酷になれる。
宗教がらみの内戦ということで、その凄惨さとアイロニーが際立つ。

灼熱、というより原題そのままの業火が燃え盛るイメージ。
でもその炎は、衝撃的な事実によってかき消されてしまう。
母親の命も。

踵から、後ろ姿へ、そしてやっと顔が見える、あのプールサイドのシーン。
見せ方がとてもうまいなぁと唸ってしまう。
顔が見えるまでの彼女の期待と、顔が見えた後の彼女の様子の落差を的確に炙りだす。

このレビューはネタバレを含みます

面白っ!実は何度も観てる途中寝てしまってやっとラストまでいけた…
まぢか!ってなったよ。深い…こんな事ってほんとにあるの?シンプルな親子愛って言うストーリーに戦争とか憎悪とか色んなのが混じって複雑な事になってる…それでも母親は真実を暴露する方を選んで、そのことを子どもたちにも伝えた…真実を知るって事がこんなにも大変で辛いことなのに。
オールドボーイ未視聴なんで結末が外カリ中フワ
母親と娘がそっくりなんで、途中どっちやねんってなりました
レディへが良かった、ハマってたと思う
あかんやつ…
しんどいしんどい…
Koichi

Koichiの感想・評価

4.0
まずレディへが最高にはまってた。
ものすごい母の人生。1+1=1なかなか強烈でした。人のやる事は怖いですね。
灼熱の魂を持った女性が戦地で無双する話じゃなかった

めちゃくちゃ面白かったけど間違っても楽しい夏休みに見るもんじゃない

話の内容があまりに重すぎて見終わった後体重増えた気がする
>|