灼熱の魂の作品情報・感想・評価

灼熱の魂2010年製作の映画)

INCENDIES

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

4.1

あらすじ

それはあまりにも突然で奇妙な出来事だった。双子姉弟ジャンヌとシモンの母親ナワルが、ある日プールサイドで原因不明の放心状態に陥り、息絶えたのだ。さらに姉弟を驚かせたのは、ナワルを長年秘書として雇っていた公証人のルベルが読み上げた遺言だった。ルベルはナワルから預かっていた二通の手紙を差し出す。それは姉弟の父親、兄それぞれに宛てられたもので、今どこにいるのか分からない彼らを捜し、その手紙を渡す事が、母…

それはあまりにも突然で奇妙な出来事だった。双子姉弟ジャンヌとシモンの母親ナワルが、ある日プールサイドで原因不明の放心状態に陥り、息絶えたのだ。さらに姉弟を驚かせたのは、ナワルを長年秘書として雇っていた公証人のルベルが読み上げた遺言だった。ルベルはナワルから預かっていた二通の手紙を差し出す。それは姉弟の父親、兄それぞれに宛てられたもので、今どこにいるのか分からない彼らを捜し、その手紙を渡す事が、母の遺言だった。しかし兄の存在など初耳で、父はとうの昔に死んだと思い込んでいた姉弟は困惑を隠せない。シモンは母の遺言を「イカれてる!」と吐き捨てるが、ジャンヌは遺言の真意を知る為に、母の祖国を訪ねる事を決意する。いったいその手紙には何が記されているのか?そして母が命を賭して、姉弟に伝えたかった真実とは…。

「灼熱の魂」に投稿された感想・評価

ドゥニ・ヴィルヌーブ祭り、締めの1本。

灼熱の魂…。

あああああああああああああああああ!
魂が揺さぶられる。
ラストの衝撃に心が耐えられない。

ー 人は真実の前に沈黙する ー

劇中の言葉の通りだ。

カナダ、ケベック州に住む双子の姉弟ジャンヌ(メリッサ・デゾルモー=プーラン)とシモン(マクシム・ゴーデット)は亡くなった母ナワル(ルブナ・アザワル)の遺言を受け、既に死んだと思われていた父と兄の存在を知らされる。ジャンヌには父への手紙、シモンには兄への手紙が託され、二人は母の故郷中東の地へ向かう。

母を好意的に思っていなかったシモンはカナダに残り、先に姉のジャンヌが母の人生の軌跡を辿る。

今まで知らなかった母ナワルの壮絶な人生。
僕らが知らなかったレバノン内戦の事実。
キリスト教徒とイスラム教徒による血の歴史。

あまりに壮絶で言葉を失くす。

映画は色んな国の色んな時代を映してくれる。
時に楽しく、時に胸を掻きむしられる様な現実がすぐ目の前に広がる。

この作品はまさに後者だ。

父は亡くなった筈ではなかったのか?
兄は何処にいるのか?

レディオヘッドの不穏な音楽で幕を開け、終盤に明かされる衝撃の事実にまだ心の整理がつかない。
六義園

六義園の感想・評価

3.2
ヴィルヌーブ作品

メッセージ〈ボーダーライン〈灼熱の魂〈プリズナーズ
かな?私的に♪ブレードランナーはまだ未見。

どーもー(* ´ ▽ ` *)コニチワー♪六義園ですぅ

この作品、1度借りて少し観て、返して
昼マークスで高評価、「これ何だろう?見てみよう♪」
ってなって観たら…「少し観たけど返したやつだっ!」
ってなった映画。
↑この説明イラネーw

最初に借りた時にガッて最後まで観たら…かなり満足したと思うw
今回も自分のせいで映画ダメにした( ´△`)
それでもけっこー楽しめた♪
どんよりした感じで進むんだけどテンポが良い
途中からあぁぁそんな感じなのっ!?そんなことになっちゃうのっ!?
って感じるんだが…そんなことになってしまうw
観応えありますっ!o(`^´*)

[1+1=1]
弟が姉にこんなことを言うシーンがあるのですが…
地獄みたいな式です…(>ω<。)オネーチャンカワイソー

でもかなりの…もぉホントかなりの奇跡ではあるw奇跡すぎるww
まぁ実際、出会いも別れも突然くるし常に奇跡の連続かもしれないけれど
この映画、う~ん何て言うの?奇跡が……ちょっと多いw

( ゚∀゚)人(゚∀゚ )マッタネェ♪
e

eの感想・評価

4.5
よく見てきたこの作品のレビュー
1+1=1という謎の数式
この意味がようやく分かった時
心臓を握り潰されるような
衝撃を受けた...
とんでもない作品だった

はじめから 全て
見逃せない描写の連続
だけど 子供たちが過去へ遡り
映し出される
母親の生きてきた世界は
目を塞ぎたくなるものばかり
驚愕の過去を目の当たりにしながら
そこからじわじわと
紐解かれて
最後に全てが繋がった時
トドメの如く打ちのめされ
その中に 何とも言い難い愛の形をみた
こんな感想しか書けないけど
これは絶対結末知らずに観なければ なやつだ
またひとつ 好きな映画が
増えました.
たろう

たろうの感想・評価

4.0
ヴィルヌーヴ、ハズレなし!
姉弟が、母の遺言から兄と父を追う内に、母の壮絶な過去が明らかになっていくお話。

わたしは、微妙だったかなあ、、(>_< )
つらくて重い、実話でもない、後味も悪い、メッセージ性も教訓もないように思われてしまって..(^-^;

でもそう思ったのは、私にとって、お母さんの描写が足りなかったからだと思います。
もっと小さい頃から振り返って、人柄とか、歌ってた歌のこととか知っていたら、感情移入もできて何か感じるものがあったかもしれません。

でもな、、知らせていいことと悪いことがあると思います笑
驚愕のラストすぎる

このレビューはネタバレを含みます

そうきたか。中々えぐい。
構成でサスペンスしてるから、例えばレイプのくだりの描写が弱いね。行為の際の母の表情とか撮ったら凄くダイナミズムありそうなんだけどやりすぎか?
真実を知ったあとのニハトなんかもそうで、現実に焦点があわないような描写だけど彼に号泣させたら観客も号泣だと思っちゃうんだけど、このくらいの距離感がヴィルヌーヴのこだわりなんだろうな。
Yudai

Yudaiの感想・評価

4.3
絶句。

最後まで計算し尽くされており、衝撃的な結末。
セリフや描写の重みが凄い。

また見たいけど、見る勇気が要りそうですね。
sakachan

sakachanの感想・評価

5.0
母親がプールサイドで魂が抜けた状態となり、そのまま息絶えるという冒頭から、最後までずっと鳥肌が立ちっぱなしだった気がします。
想像し難い感情の連続で、気付いたら涙が出てました。

「共に生きる」…困難だと思います。でも、「愛」で包み込むその様に心打たれました。
>|