灼熱の魂の作品情報・感想・評価

灼熱の魂2010年製作の映画)

INCENDIES

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

4.1

あらすじ

それはあまりにも突然で奇妙な出来事だった。双子姉弟ジャンヌとシモンの母親ナワルが、ある日プールサイドで原因不明の放心状態に陥り、息絶えたのだ。さらに姉弟を驚かせたのは、ナワルを長年秘書として雇っていた公証人のルベルが読み上げた遺言だった。ルベルはナワルから預かっていた二通の手紙を差し出す。それは姉弟の父親、兄それぞれに宛てられたもので、今どこにいるのか分からない彼らを捜し、その手紙を渡す事が、母…

それはあまりにも突然で奇妙な出来事だった。双子姉弟ジャンヌとシモンの母親ナワルが、ある日プールサイドで原因不明の放心状態に陥り、息絶えたのだ。さらに姉弟を驚かせたのは、ナワルを長年秘書として雇っていた公証人のルベルが読み上げた遺言だった。ルベルはナワルから預かっていた二通の手紙を差し出す。それは姉弟の父親、兄それぞれに宛てられたもので、今どこにいるのか分からない彼らを捜し、その手紙を渡す事が、母の遺言だった。しかし兄の存在など初耳で、父はとうの昔に死んだと思い込んでいた姉弟は困惑を隠せない。シモンは母の遺言を「イカれてる!」と吐き捨てるが、ジャンヌは遺言の真意を知る為に、母の祖国を訪ねる事を決意する。いったいその手紙には何が記されているのか?そして母が命を賭して、姉弟に伝えたかった真実とは…。

「灼熱の魂」に投稿された感想・評価

ドゥニ・ヴィルヌーブ祭り、締めの1本。

灼熱の魂…。

あああああああああああああああああ!
魂が揺さぶられる。
ラストの衝撃に心が耐えられない。

ー 人は真実の前に沈黙する ー

劇中の言葉の通りだ。

カナダ、ケベック州に住む双子の姉弟ジャンヌ(メリッサ・デゾルモー=プーラン)とシモン(マクシム・ゴーデット)は亡くなった母ナワル(ルブナ・アザワル)の遺言を受け、既に死んだと思われていた父と兄の存在を知らされる。ジャンヌには父への手紙、シモンには兄への手紙が託され、二人は母の故郷中東の地へ向かう。

母を好意的に思っていなかったシモンはカナダに残り、先に姉のジャンヌが母の人生の軌跡を辿る。

今まで知らなかった母ナワルの壮絶な人生。
僕らが知らなかったレバノン内戦の事実。
キリスト教徒とイスラム教徒による血の歴史。

あまりに壮絶で言葉を失くす。

映画は色んな国の色んな時代を映してくれる。
時に楽しく、時に胸を掻きむしられる様な現実がすぐ目の前に広がる。

この作品はまさに後者だ。

父は亡くなった筈ではなかったのか?
兄は何処にいるのか?

レディオヘッドの不穏な音楽で幕を開け、終盤に明かされる衝撃の事実にまだ心の整理がつかない。
重い…重すぎる…
ドゥニらしい作品
姉やある事実をきっかけに自分も真実を追い求めるようになった弟と同様、観てる自分も真実を知りたくて次へ次へと飲み込まれました。
減点ポイントはまた宗教かよ、てのと偶然すぎるだろって点だけ。
めちゃくちゃ見応えがあってオススメです。
bless

blessの感想・評価

4.5


murataku

muratakuの感想・評価

4.3
ドゥニならではの静かでありながら、激しい物語。

最後のプールは奇跡的な展開だけど、エンドにかけてだから違和感ないんだね。

決して大きな予算がついてはいないんだろうけど、その中でこれだけ見応えある映画ができるのすごい。ストーリーが9割で映像は楽しめる。
タマン

タマンの感想・評価

3.8
衝撃の結末だった。

映画の中で一番嫌悪感を覚えるシーンというのは子どもを殺すシーン。これだけはタブーというかやめてくれーと叫びたい。
しかし、それだけに否が応でも植えつけられる嫌悪感。
こういうエッセンスをこのキャラクターに重ね着させて、こういうラストに持って行くとは!そして全てを許していくとは!原作の力強さと監督の演出の秀逸さ、意地悪さが出ているように思う。

あと特筆したいのが、この中東国のロケーションの良さ。ロケハンすごい。
現実の場所なのにまるでマッドマックスの世界のように廃墟と風と世紀末感が手に取るように感じられた。
RIHAKU

RIHAKUの感想・評価

4.4
心を抉られるシーンをこれでもかと見せながらも映画的な美しさを忘れず淡々と物語は進む。ラストも衝撃の事実をすっと数式で出されてそれが段々重みを帯びていくこの感じ。素晴らしい映画でした。
meee

meeeの感想・評価

4.0
過去鑑賞

ラストにすごい衝撃を受けたことは覚えてる
絶対重いだろうと思ってたけどやっぱり重い!

ラストの衝撃は本当にすごい、、

双子強いなと思った!自分なら絶対に逃げてしまう!でも一番はお母さんが強すぎる、拷問の時の感情は誰にもわからないんだろーな、、


シーンごとにタイトルが表現されててそこはスタイリッシュに感じた!

決して楽しい映画じゃないけどみてよかった
ペイン

ペインの感想・評価

4.5
今回観返して思ったのはやっぱりポール・トーマス・アンダーソン監督の『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の影響が色濃い作品だということ。

何かのインタビューでヴィルヌーヴ監督がゼロ年代ベスト映画に『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』と『ノーカントリー』を挙げてて常に意識している作品と言っていた。

どおりで本作『灼熱の魂』は音楽もレディオヘッドだし『ゼアウィル~』っぽいショットがいくつもあるしで納得。

サスペンスとしてもラストは開いた口が塞がらないくらいエグくて超一級品なのだが、1カット1カット目が離せないほどに美しいアート映画でもあってやっぱりヴィルヌーヴ監督の最高傑作はこれだなと思いました。

やっぱり1+1=1。
あ〜〜わ〜〜
>|