レク

エイミーのレクのレビュー・感想・評価

エイミー(1997年製作の映画)
4.0
ある事故のショックで耳も聞こえず、言葉も話せない、歌だけしか意思の疎通ができない少女を中心に、歌や音楽が少しずつ街に彩りを添えていく。
音楽が人を繋ぎ、言葉ではなく歌で語るこの作品は、落ち着いた色味と心を包み込むような優しい愛に溢れている。

展開や設定に無理がある部分も確かにある。
しかし、そんなご都合主義な部分も許せてしまうほど心が温まる作品であり、エイミーの笑顔と澄み切った透明感ある歌声に惹き込まれてしまう魅力的な作品でもある。
聴力も言葉も失った少女の心の中にはいつも音楽が充ちていたのだろう。
音楽は人を救う…音楽の力とは聴き手と歌い手の双方があってこそ成り立つものなのかもしれません。