TruthSeekers

キラー・エリートのTruthSeekersのネタバレレビュー・内容・結末

キラー・エリート(1975年製作の映画)
5.0

このレビューはネタバレを含みます

ジェームズ・カーンが忍者と闘う(笑)

裏切り者ジョージに左肘と左膝を撃たれたマイク。懸命なリハビリの末に回復するが、コムテグからは引退を宣告されてしまう。

が、コムテグの方からマイクに「要人ユアン・チャンを警護しつつ、本国まで送り届ける」という依頼が届く。
チャンは、ニンジャ軍団に狙われており、ジョージも一味だという。
「ジョージに復讐したい」と思っていたマイクにとっては、一石二鳥の依頼。
そしてバトルは始まった(y゚ロ゚)y

大好きな世界観。
ボコボコ!ガツガツ!なカーチェイス!
時限爆弾が!ポリスが!のくだり( *´艸)
忍者たちが機関銃でダダダ...と殺られる。銃の方が強いのは当たり前。

「チャン!かかって来い」というトクに対し、あっさりと銃でケリをつけようとするマイクに「いやいや、わしが闘うから」と譲らないチャン。
敵味方双方勢揃いで、二人の闘いを見守っちゃう。静観しとる場合かっ!!
負けて倒れているトクを放って、刀だけ大切に持ち去る手下とかが笑いを誘う。

ものすごく面白かったo(*≧∇≦)ノ