たかはし

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルのたかはしのレビュー・感想・評価

4.0
イーサン・ハント(トム・クルーズ)は謎の人物コバルトについての情報を求めてクレムリンに潜入するが、同じ日、同じ時刻にテロリストのカート・ヘンドリクス(ミカエル・ニクヴィスト)もクレムリンに潜入していた。そのことに気づいたイーサンは計画を中止、クレムリンから脱出を図るが、ヘンドリクスが仕掛けた爆弾が作動する。イーサンは、この爆発に巻き込まれつつも、ロシア諜報部からはこの爆発の首謀者と目されてまう。イーサンはヘンドリクスがクレムリンから核ミサイルの発射装置を盗み出したと思い至り、彼を追跡するがーー。

テロリストを追跡しつつも、テロリストとしてロシア諜報員に追跡されるイーサン。そのために前作までよりも話がグッと複雑になった。人物関係も複雑で、今作が初登場のウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)が実はイーサンと仕事で関わっていたこたがあるとカミングアウトするシーンはサプライズだったが、エンディングでイーサンがブラントにしたカミングアウトはさらにサプライズ!

敵のひとり、サビーヌ・モロー(レア・セドゥ)はシリーズ初の女性悪役。めちゃくちゃな美しさ! フランス出身の女優さんとのこと。セドゥ!!

ビルの壁を手袋を使ってつたっていくシークエンス。「ブルーはグルー、レッドはデッド」。イーサンが死ぬかもしれないって時に頭でも脚でも韻を踏むペンジー・ダン(サイモン・ペッグ)!

ビルのアクションも好きですが(セドゥの美しさといったら!)、立体駐車場のアクションはもっと好き!