人生はビギナーズの作品情報・感想・評価・動画配信

人生はビギナーズ2010年製作の映画)

Beginners

上映日:2012年02月04日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「人生はビギナーズ」に投稿された感想・評価

『正しく理解をする』ってホント難しい

心のフィルターを通した時に歪められ、勝手に信じてしまったことって、少なからず有るかも知れない



そのままにしなくて良かったね!オリヴァー


あなたの写し鏡みたいな彼女アナと出会って
父さんが遺した愛犬アーサーと会話して
父さんが愛した彼氏アンディと抱き合えて

沢山迷った甲斐があったというもんだ。


必然的に意識が求めていたんだね
父の生きかた、母の生きかたをなぞるしかないって


答えはずいぶん長いあいだ隠れていて…
はっきりじゃ無くていいものね
ぼんやり解ればそれでいい


母は決して不幸ではなかった
そして二人は愛しあっていた
多分?きっと!
これだけで充分。


75歳でゲイを告白した父ハルは最高にチャーミングだったね

最後の最後にいっそう耀いて、人生の醍醐味を見せてくれた

あの日の花火のように



あの得意げなハルの顔が今もまぶたに浮かぶよ



整理と整頓が今やっと終わって

未来はオリヴァーにやさしく微笑むんだ
nonno宣

nonno宣の感想・評価

1.9
退屈な作品!
犬が可愛いイだけー
hakama27

hakama27の感想・評価

4.6
マイクミルズ監督の映画の作り方が大好き
主人公が語り手になって物語が進む形
主人公と同じ気持ちになれて周りの人たちの、
愉快さ、愛情深さ、強さが共有できる。

「20センチュリーウーマン」を見たときも
同じようなまるでこの映画の中でこの人達と
一緒に暮らしてるような気持ちになった。

「20センチュリーウーマン」は青年時代 
「人生はビギナーズ」は中年時代
「I am easy to find」は人生の全て

人生のことを完全に知り尽くしてないと作れない
ようなそんな作品ばかり。

主演のユアンマクレガー
「トレインスポッティング」の時からだいぶ大人になったけど素朴な人間の演技は、一級品

クリストファープラマー
強いおじいちゃん役でした。
この年になって息子に人生でたくさんのことを教えてくれるってすごいなと
子どもの頃に教えてあげれなかった分の罪滅ぼし
なのかもしれないとも感じた。

メラニーロラン様
あなたの美しさ、華麗さに完全に心奪われました
どうかこれからも健康に気をつけて
女優業、さらには監督業にも力を入れて
人生をまっとうしていってください
大好きです。

心が暖まる話
人生の描き方が愉快で
人生は楽しいものだと教えてくれる
父親にゲイだと言われたらどんな気持ちになるのかな でもどこまでいっても父親は父親だから
何も変わらないよ

最後にこの映画の一言

「これから先のことはわからないけど
              試してみよう」
人生は誰もがビギナー
失敗もするし、悲しくもなる
でも試行錯誤しながら頑張って生きていこう。
そう思わせてくれる映画です
Nana

Nanaの感想・評価

3.5
【人生はビギナーズ】

静かでオシャレな映画📄🖊
演出や描いてる絵も個性的で好き!

ジャケのイメージで、POPな楽しい感じを想像してたので…中身は全然違いましたが、1度きりの人生どう過ごすか、歳を重ねても自分なりの人生をまたスタートして楽しむ事って大事だなと感じました。


恋愛も長続きしない、物事を全て悲観的に考えてしまう息子役のユアン。話しかける相手はわんこ。このわんこの心の声が、ちゃんと字幕で表現してあるのが可愛かった!🐾

母親を亡くし、父親も亡くなる前にゲイだとカミングアウト。悲観的であり背負ってるものが多く、掴みどころのない雰囲気が出てるユアンも良かったなぁ!そしてメラニーロランも美しすぎて、この2人ずっと見てられるわ…

父親役のプラマーじいちゃんの第2の人生を楽しんでる様子、言葉、父と母の関係などを
振り返りながらも、
前向きに進む人生頑張ろうビギナーズ!!


🎬〚2020.130〛
【人生のビギナーに捧ぐ】

内気な38歳オリヴァー(ドクター・スリープ以上にスリーピーです)。
75歳でLGBTカミングアウトする父親(アカデミー助演男優賞の存在感)。
美しい不思議ちゃん女優メラニー・ロラン(ファンはトリコになります)。
150の言葉を解する犬のアーサー(アカデミー助演愛犬賞あげたい)。

ノスタルジックな音楽が流れる中、喪失感・心の空白が静かに描かれます。
この優しい語り口に、すっかりハマりました。

人間だれであれ、人生に対してビギナーなんだ。
喜び、楽しめる出来事だけでなく、怒り、哀しくなることにだって出くわすわけだ。
ファック!
でも、そんな喜怒哀楽すべてを味わえることが幸福なんだよって教えてくれる佳作です。
アーサー
masakosama

masakosamaの感想・評価

3.9
かなり好み。監督がグラフィックデザイナーだけあって、とにかくセンスが良い。そして犬が可愛い。
自身も同じグラフィックデザイナーのマイクミルズ監督が自らの実体験を基に脚本を書き上げた作品。
主演オリヴァー役をユアンマクレガー、その父ハル役を名優クリストファープラマー、アナをメラニーロランが演じている。

*****************************************

オリヴァーは他界した父の遺品を整理中、5年前の母亡き後間もなく父が「自分はゲイである」とカミングアウトした時の事を思い出していた。

そうか、幼少期から感じていた両親が冷めていた理由もそこにあったのだ。
(でも実際には....母は知っていた)
そんな感情の無い父に欲求不満な母は息子オリヴァーに感じるもの、情熱的なものを求めていた。

カミングアウトした父はボーイフレンドが出来てからというもの今までとは打って変わり表情も豊かでオリヴァーへの愛情も注げる様になる。
その差に戸惑っているオリヴァー

さて現在に戻り、友人開催の仮装パーティでフランス人女優アナ(メラニーロラン)と出会う。
お互いに惹かれ合うも彼女はオリヴァーの奥にある悲しみを感じていた。
そして彼女自身も鬱気味な父親を抱えて悩んでいた。

*****************************************

父と母の愛情の無い浅いキスシーンと父とボーイフレンドとの濃厚なキスシーンと同じキスシーンでも全く違う対比が面白い。
オリヴァーとアナのキスシーンが一番

暗がりからメラニーロランの後ろ姿見え、横から乳房が見える裸体がまた綺麗。
そして首、胸元から見えるホクロが良いアクセントとなって更に魅了さを増している。ユアンが羨ましいよ汗

名犬アーサー、人懐こく可愛らしい存在。ユアンマクレガーが今回の撮影でかなり気に入り、個人的に欲しがるも断られたらしい。わかるなあ
じっと見つめてくる目がホント愛らしい。
テリア犬が欲しくなってきた。
「ワンスアポンハリウッド」に「パターソン」と最近犬が活躍する作品で良作が多い気がする。

マイクミルズ監督の妻ミランダジュライも同じくアーティストながら女優でもあり監督もこなす多才。
今回オリヴァーの母親と似ていた。
いや似せて来てるでしょ笑

そうそう気になったのが
アナがオリヴァー宅で二人での食事シーン。
服装が時系列的に変だよね
あのカットがあるから余計に戸惑う。
でもなんだかんだ言ってクリストファープラマーの名演に全部持っていかれた感じ
しかもあの歳でゲイ役は見事でしょ
mimiko

mimikoの感想・評価

3.5
授業で見て内容理解するのに時間かかった。
自分変えたい人向けだと思う
私のバイブル。
>|