人生はビギナーズの作品情報・感想・評価

人生はビギナーズ2010年製作の映画)

BEGINNERS

製作国:

上映時間:105分

3.7

あらすじ

「人生はビギナーズ」に投稿された感想・評価

アーサー いい子やなー
150も言葉を覚えたけど、喋れないんだw

うまくいくように、まず試していこう。

BGMとかインテリアとか、監督さんがデザイン系の人みたいで、オシャレだけど、静かな…そして、悲しくなる映画
na

naの感想・評価

-
わんこのアーサーが可愛い
父ハルさんが幸せそうに第2の人生楽しんでるのがよかった
やりたいと思ったことはちゃんと行動しなくちゃだね
シー

シーの感想・評価

3.0
いつ見たかな、、
LGBTが題材っていうよりも、
素直に楽しく生きろっていう映画
すてきな余生の過ごし方
KW

KWの感想・評価

4.1
ユアンマグレガーで点甘め。そしてメラニーロランは若い時のドヌーヴみたいに綺麗。
神代

神代の感想・評価

3.0
未来と過去の話が何の前触れもなく行ったり来たりするので最初は戸惑う。イメージしていた映画とはかなり違っていた。
個人的にはオシャレさを追求しすぎじゃないかと思った(追求しすぎて感情移入しづらい)が、暗にこれでついてこれない視聴者は切り捨てるというメッセージだろうか……。
内容は可もなく不可もなく、そこまで特別性はなかったような気がする。同性愛をメインで取り扱う映画という認識を持って観たので、これ普通に異性愛者と親子愛の話ではという感想が強くなってしまったようです。
MOE

MOEの感想・評価

3.0
シンプルで素朴な世界観がツボでした!
oucem

oucemの感想・評価

4.7
現在と過去のシーンが行ったり来たり

お洒落だけど表面だけじゃない
人と向き合うことは自分と向き合うこと
逃げずにこの監督は生きてきたんだね

人生の醍醐味を感じる作品だった
メル

メルの感想・評価

4.3
何度も見てるのにレビューが書けずにいる作品があり、これもその1つ。

誰もが一度しか経験することが出来ない人生の中では皆んながビギナー。
失敗したって違うやり方でいつでも再出発すれば良い…と言われてる気がする。

母親の死から暫くして父がゲイを告白した、そして父はガンに侵されていた。
38才の息子オリヴァーは「残りの人生を思い通りに生きたい」という父を傍らで見守りながら色々と学んでいくのです。
柔らかい心があれば何歳になっても学び取ることが出来るんですね。

そのオリヴァーの側で黙って話を聞いたり、(話せないけど)アドバイスするのがジャックラッセルのアーサー🐶 名演技を見せてくれます。

ユアン・マクレガー、メラニー・ロラン、クリストファー・プラマーとジャックラッセル犬の4者がとても良いキャラクターです。

不器用なオリヴァーが少しずつ変わっていく過程が良いです。

マイク・ミルズ監督の実体験という事ですが、お父様への愛がしっとりと伝わって来ます。
hiro

hiroの感想・評価

4.0
LGBTについておしゃれに描いている。
写真をパッパッパッと写すところが好きです。おしゃれ。
優しかった。
犬のアーサーがただ画面を彩るかわいいアイテムではなく、感情表現の控えめな主人公の心の代弁者的立ち位置に置かれている気がした。
父が死ぬまでの物語・父が死んでからの物語、2つが同時進行で進むから、喪失感があくまで通過点であるような印象を受けた。
>|