menoki

高校デビューのmenokiのレビュー・感想・評価

高校デビュー(2010年製作の映画)
1.0
屋上へ行こうぜ・・久しぶりに・・キレちまったよ・・

私は英勉監督が嫌いであり、その作品全てに嫌悪感を示し、怒りを感じた。
その中でも本作は一番嫌いな作品だ。

原作未読であるが、恐らく原作は面白いんだろう。
だがそれを演出と大野いとの演技でぶち壊している。

まず、英勉監督がよく顔の整った人に変な事をさせて笑いをとる手法を使うがその演出が絶望的に下手くそだ。

昔、英勉監督の「ハンサムスーツ」というゴミ映画を映画館で観た。
近くに五月蝿いJKが3人程いたのだが、本編が始まっても五月蝿い。
英勉監督のクソ演出と五月蝿いJKのせいで怒りがピークに近づいてきた時に、恒例の顔の整った人が変な事をするギャグをするシーンになったらJKが静まりかえり、ラストまで一言も話さなかったのが印象的だった。
ベテランの役者でこのザマなので素人がこれをやると殺意が芽生えてくる。

監督に何らかの意図があってこんな演技をやらせているのか、単純に下手なのかは分からないが、これでOKを出す監督の神経が分からない。
と、いうより数館での上映なら少しは理解出来るがこのZ級映画レベルの演技、ギャグを全国上映するのは詐欺ではないだろうか…。

しっかりとしたスタッフや予算がありながらよくZ級映画クラスの作品を作ったものだ…。
本作を観て監督の重要性を改めて再認識する事が出来た。
怒りしか生まないので、普通の人は勿論の事だが、Z級映画好きにもオススメは出来ない作品である。