MUA

ゴーストライターのMUAのレビュー・感想・評価

ゴーストライター(2010年製作の映画)
3.7
ゴーストライターとして元首相の自伝書を書くことになった主人公だが、気付いたら元に戻れないほどの政治の闇にハマっていく、、というような映画。
首相の豪邸でライター生活、みたいなシーンが羨ましくて個人的には画を楽しむ感覚で見てたけど、後半に来た辺りから畳み掛けて来るような真実と最後の意外な結末にビックリ。そこで改めてタイトルに重みが出るというか。
ポランスキー監督の撮り方の独特さに気付けたので良かった。割とサウンドも入れてるのに始終静かなサスペンスという印象。だからこそ突然起きる出来事に大きく驚かされるという感じ。良い映画。