かや

グラン・ブルー完全版 -デジタル・レストア・バージョン-のかやのレビュー・感想・評価

3.4
重力も音も苦痛もない深い深い海の底へ。

フリーダイビングの世界記録に挑む2人の男のライバル関係と、その海を愛する男を愛してしまった女性の苦悩を描く。
監督はどんどんと信頼を失っていくヨーロッパコープの社長リュックベッソン。

歪み合い、でもお互い尊敬している、競い合うライバル関係を描く映画はやっぱり燃える。
「トップガン」や最近だと「ラッシュ/プライドと友情」などと同じように、主役2人を見てるだけで楽しめる。

海をこよなく愛する2人。
海だけではなく、なにかに本気になっている人たちって、一線を越えてちょっと狂ってる域に達してる。
彼らの海への愛は伝わるし、海は綺麗だしイルカもかわいい。
てかイルカが本当にかわいい。
海面に出て頭ピョコピョコしてるイルカ最高にかわいい。
ヒロインのロザンナアークエットもかわいい。


ただやっぱり長い。
潜るって画が想像以上に地味ゆえ笑、170分近くあってこのテンポは鈍重。
オリジナル版は40分弱カットされてるわけだし、完全版を購入した自分がいけないんだが…

あとクラゲに刺されて以来、海に恐怖を感じるようになってしまったから、海に対して最大限まで魅力を感じれなかった笑
ごめんなさい。
クラゲがいけないんだよ。


男2人のライバル関係を描く映画が好きな方にはオススメ。
ただ完全版である必要がないかなとは思います。
海が大好きな人は好きだと思います。

ストーリーには全く必要のない賑やかし要因で変な日本人集団が出てきたのは面白かったです笑