グラン・ブルー完全版 -デジタル・レストア・バージョン-の作品情報・感想・評価

「グラン・ブルー完全版 -デジタル・レストア・バージョン-」に投稿された感想・評価

Risa

Risaの感想・評価

4.5
小学生ぶりにみたのかな、、ほとんど忘れてました。

170分もあるのにあっという間です。
長いなんて微塵も感じません。
海に沈んで行くように 内容が すーっと浸透していきます。

そして、、なかなかの死にたくなる映画の部類。
こう、大自然に魅了されると 自分も自然の一部になりたがってしまうものですから。
海とイルカにだけに 懐いた男。

序盤のモノクロシーンがまた、凄く好き。

全体的に音も壮大で、海の怖さと美しさのちょうど間ギリギリを ずっとみせてくるんです。怖いし美しいしで、おかしくなる、、これは 海に限らず、自然においては 何にでも言えること。

個人的には 海は苦手な部類なんです。息が出来ないからでしょう。

同じ死ぬかもしれないと言っても 危険な山登りや、スカイダイビングなんかより 海が怖いです。
呼吸をすることは生きること。それを辞めるというスタート時点で死を連想するからです。海に沈むというのは気圧の変化レベルも私からすれば異常値。。
海に潜ると、『上がる理由が見つからないから困る』と優しい笑顔で言う主人公。

大自然って退廃的です。しょうがない。

海に潜り過ぎて 肺や心臓 身体機能が海の中の方が慣れてしまったというだけではありません。精神的にも 海に生きてしまうようになっていくんです。

ロザンナ・アークエットの高い声、小顔、細い体、なのに胸もある、何この可愛い人、でも、演技はあんまり好きになれず、ちょっと邪魔になる演技さえあります。。

静かな主人公、ジャンレノはハスキーボイスすぎて煩くはならないので、彼女のぶりっこボイスはちょっと 煩く感じる時も。

イルカが恋人の主人公が言う 『イルカみたいな顔してるね』は 良いね。ドキッとします。
ののの

のののの感想・評価

4.5
映像、音楽、内容も勿論最高です。ベッソン作品の中で一番好き。これ以降のアクション系は何だか安っぽくって見てません。もう一度こんな作品作ってくれないかなぁ。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.9
 透き通る海。

 水平線にマッチした音楽。

 イルカの声。

 ジャン・レノの高笑い。

 ジャックの遠い眼差し。

 本作を見て、友達と実家の裏にある川で鮎をとりに行ったのを思い出す。水中メガネで川底をのぞくと、岩の影に鮎の尾が見える。手に軍手をはめ、えいや、と手を伸ばす。友達はうまく捕まえる。僕の手からはスルリと逃げ出す。あ~と声をあげる。残念。

 海と川はえらい違いだけど、小さい頃は川で遊ぶのが楽しかった。僕が小さな頃に感じた幸福感と同じような思いを求めて、ダイバーは海に潜るのではないか、とふと思った。
(記録用)
めじろ

めじろの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

海の中でしか生きられない男とそのライバル、そしてそんな人を愛してしまった女性、3人を軸とする広く深く青い海が美しい映画。
陸では生きていけない主人公。海が居場所でイルカは家族。そんな彼に惹かれたヒロイン。恋は盲目だけれども、価値観のずれを抱き続ける。劣等感や功名心のあるライバルは彼に寄り添えたただ一人の男だった。
ラストシーンは息をのむ美しさ。彼はいるべき場所に帰って行く。彼女を残して。

ジャンレノ格好いいな
mizuki

mizukiの感想・評価

3.6
イルカと戯れる彼の姿はなんともまぁ美しい。
とり

とりの感想・評価

3.8
「なぜ潜るの?」熱量だけに突き動かされる。仏ジャックと希エンゾ(2歳上)、海・水中の世界に魅せられた男たちの恋と友情そして夢や本能、けど主人公はジョアンナーーーー自由な魂。コメディなノリもまだ新鮮でピュアネス爆発青春ドラマ、エンゾ役ジャン・レノもノリノリ。けど主人公かと思われるジャックはどちらと言えば物静かなタイプで淡々と新記録を打ち出していく感じなので、むしろ彼より彼を愛することになる女性の方が色々と葛藤が見えて共感しやすい上に表面でのドラマを引っ張り形作っている。エンゾも含めて彼の周りの方が人間らしくあわただしく生き生きと生きている、キャラクターが立っているというか肝心のジャックは自らばんばんアクションというよりは他人の物事に対してのリアクション型。でも、だからこそ彼の寡黙ながら数少ない決断が終盤沁みてくるのも確か。また広角レンズというか時に魚眼レンズ的ですらある映像で陸地でも時に水中のような感覚に観客を引き摺りこむ。登場人物たちが強迫観念的に取り付かれているのが伝わる独創的ビジュアル・映像美の数々、ここまで来るともう言葉ではなく感覚。
皆さんテレビ放映等で一度や二度は(いや、もっとか)お世話になってきたであろうリュック・ベッソンは滅多にろくな映画製作しないEuropaCorpとかいう自分の会社でその都度消費されるだけの代わり映えのしないアクション映画を大量生産しては主演女優に手を出すという悪評が立つ前、米デビュー『レオン』(かギリ『フィフス・エレメント』)くらいまで才気煥発した存在だった。そんな彼の母国フランス時代を代表するのが本作で、本国では何と観客動員数は1000万人、パリでは187週連続上映という記録を打ちたてたというから驚き。若者たちは日夜映画館の前に長蛇の列を成してグランブルー・ジェネレーションという熱狂的支持を受けるほどだったそうな。だから無論良い映画。あと脚本・製作も含むリュック・ベッソン作品って主人公ハゲまたは将来ハゲそうな予備軍的坊主で、お喋りというよりは寡黙でどちらかと言えば自己主張苦手そうな感じのキャラが多い印象。と言ってもフランス人らしく情熱的なセックス描写はリュック・ベッソンの場合、変態性に見えてしまうのは僕だけ?あと日本人の描写はバカにしているとしか思えないクソ野郎。シチリア良いところ、きっとあなたもパスタを食べたくなる。

P.S.夜が明けるまで、そして時差があるからもう一方では日が暮れるまで電話なんてロマンチックでいちな
ギリシャの島「どうやって分ける」金貨「彼の鼓動よ」「マフィア!デニーロ、コッポラ、パチーノ。保険金詐欺よ、弁護士と契約者の筆跡が同じなのれ」「お前は人間より魚に近い」ママ「ヤバい、よそでパスタを食べると殺される、食べてくれ。ママ!」95メートル"One day hero" everything about everything 「試合は棄権しよう、僕が勝つからさ」"I will beat you." "The sea is mine."99メートル「具合が悪い」散歩させる「イルカもご機嫌だ」「女を連れ出すのに担架は要らないぞ、愛を求めてるのはイルカだけじゃない。女についてもっと勉強しろ」108メートル「フランスのチビはやるってな」一晩中?イルカと?"I'll get back to New York."「深すぎて青い空も思い出になる」水中生活「上がって来る理由が見つからない」赤ちゃん「私の世界の話よ、あなたが全てよ」「中止だそうだ、終わりだ」"That's very nice."「お前が正しい。海の中がいい、陸よりも。沈めてくれ」"Jack, take me back down. Please."死・別れ「俺が傍にいなかった。この20年間で初めてだ」妊娠 "I gotta go and see." "Go, go and see my love."
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.8
リュック・ベッソンって「ヴァレリアン」で見直したんだけどもこんな映画も撮れるんだなぁと。海でしか生きれなかった男達の狂気にも似た生き様に惚れ惚れ。何だかんだOPの白黒シーン辺りは不要な気がしなくもない。「go and see my love」ってのにひぇええええってなった
>|