グラン・ブルー完全版 -デジタル・レストア・バージョン-の作品情報・感想・評価

「グラン・ブルー完全版 -デジタル・レストア・バージョン-」に投稿された感想・評価

BEN

BENの感想・評価

4.0
記録
あだち

あだちの感想・評価

3.9
海の美しさは思ってた通りだったけど、こういうストーリーとは思ってなかった。極めるあまり彼岸に行ってしまった男達、一方そこに向かう様に魅力を感じながらその先には決して幸せが訪れないことに葛藤する女性。面白かったけど、結構ヘビーな映画だったなぁ。ジャックの「海底は辛い。上がってくる理由が見つけられないから。」っていう台詞が印象的。
みんと

みんとの感想・評価

4.3
まさにこの時期に観るからこそのこの感動!雄々しくも素晴らしい作品だった。

海に魅せられた2人の男の物語であり根本的な男と女の違いを見せつけられる作品でもあった。

モノクロで始まるギリシャでの幼少期のエピソードから惹き込まれる美しい風景。
決して多くないセリフが環境映像のようにもドキュメンタリーのようにも感じる中盤、海と共に育ち深い友情で繋がった両極にあるかのような2人の男の姿が熱くまた美しかった。

あまりにマッチした音楽に突き上げる重低音、イルカの戯れ、エンドレスに広がる海、神秘的な海の底、、、

それにしてもジャン=マルク・パールが素敵すぎた。ジョアンナとの出会いのシーンは一際印象的で目を奪われた。
悲哀に満ちた佇まいと掴もうとしてもすり抜けるまさに海そのもの。醸し出す雰囲気(個人的にはそのビジュアルまで)すっかり魅了されうっとり、、、
とりわけイルカと語らう穏やかな表情が好み。

「陸」が象徴とする現実と「海」が象徴とする理想との狭間でラストシーンは女性目線と男性目線で大きく異なるのだろうか、、、

男のロマンと一括りにするには安っぽ過ぎる。男の身勝手さと言うのも何だかピンと来ない。あの結末が妙に納得出来る自分に驚きすら感じた。

やはりジャックにとって海は特別。父が眠る漆黒の海の底でイルカ達に見守られ更にエンゾも望んだ場所はまさしく彼にとっての母なる海。全ての悲しみを呑み込んでくれる最も心地好い場所なのだ。

残酷とも取れる結末が何処か私にはハッピーエンドにすら感じられた。
tori

toriの感想・評価

3.5
モノトーンのギリシャでの少年時代

輝く海と暗く孤独な深海 
幻想的なイルカとの戯れ

シシリーのあのレストランのフルティ・ディ・マーレを食べ損ねたエンゾ
何よりも海とイルカを愛するジャック
違う世界に生きる男を愛してしまったニューヨーカー

自然と愛のファンタジー
kamome

kamomeの感想・評価

3.2
海 ツインタワー 受話器

海に挑む二人の男と見守る一人の女の物語
イルカが出てきて・・・

1988年作
全体にもの哀しいトーン
BS録画にて

フリーダイバーの世界観に触れれます。
美男美女の主人公とヒロイン。
ジャン・レノの演じるシチリアのマフィア?っぷりは最高でした。
長いですが、海が好きな人はさらっと観れるはず。

エンゾのママこそビッグマム。
もやし

もやしの感想・評価

4.6
リュック・ベッソン監督作品。
リュック・ベッソンってこんなシネフィルっぽい映画撮るんだっていうとても失礼な感想を抱いた笑

うーんでも、とっても美しくて切ない映画なんだけど、男のロマンと言えば聞こえは良いけど、表現を変えると男の身勝手さでもあるわけで、それを感じてしまうよね。

でもすごく、良いね。スコアに関係ない良さ。
スタンド・バイ・ミー見たときの言葉にならない感動に近い。



将来著名なダイバーになる二人の幼少期から描く。
主人公は天然系というか、天才肌かな。
そしてもう一人はガキ大将みたいな奴で、良いキャラです笑 このガキ大将の大人役がジャン・レノで、かなり面白いです笑


終始海の壮大さ、そしてその裏にある残酷さを描いています。


そして大人パートではヒロインが登場。アメリカ人女性。

主人公に惚れるんだけど、主人公が女よりイルカってな具合で笑、色々と噛み合わない笑
本当に女性の気持ちわからないんだなってのがめっちゃ伝わってきます笑


恋愛展開にはなるんだけど、結局この人達潜りたくて仕方ないのよね。
潜水大会で記録の競い合い。
男的にはこういう展開は燃えるけど、女性的にはどうなんだろうね?



この映画内だけでとてもゆったりした時間が流れてて、それがとても良いのよね。気分が落ち着くというか。
169分という長尺なので、時間がたっぷりあるときにどうぞ。いや、でも忙しいときこそこういうのは響くのかもしれない。
綺麗だしオシャレだし構図も決まってる
男は仕事(名誉とか夢)、女は家庭を優先する中のすれ違い的な事でいうと普遍的な話だと思う。
あと結末的に未知との遭遇にも近い気する。

中ダルみは否めない
ベッソン映画はギャグが基本滑ってる
途中監督本人が出てて笑った

ベッソンといえば、いつまでも子供のようなピュアな感性を持ってる反面馬鹿というイメージ
この時から良くも悪くも変わってない

あとどうでも良いけどラッセンの胡散臭い絵って絶対この映画の恩恵あると思う
おしゃれなタイトルとジャケットに惹かれて以前から観たかった映画。
島の風景や海が美しくてイルカめっちゃ可愛いけど、内容は意外と鬱やった。
marino

marinoの感想・評価

4.1
鮮やかなカメラワーク。色が好き
息を飲んでしまう。男のプライドとは。

映像じゃ伝わりきらない幻想的な世界なんだろうな。深い。deepだなあ。
>|