さー

Vフォー・ヴェンデッタのさーのレビュー・感想・評価

Vフォー・ヴェンデッタ(2005年製作の映画)
4.0
わたしの初恋を華麗に奪っていった人々を紹介します。
はいそこ!どうでもいいとか言わない!複数人いたら初恋じゃねーよとか言わない!(涙目)

土井先生→工藤新一→アンドレ→次元大介→V→ルルーシュ→ベルナドットさん→バラライカ→バラライカ→バララ(以下略)

はい、いましたね。途中V出てきましたね。もう中学か高校か忘れたけど、初めてこの映画見たとき完全に彼は大変なものを奪っていきました状態だよ。
「強い・優しい・謎い」って三拍子そろっててもう恋人にもお父さんにもお兄さんにもしたいよV!!!!あと声がいい!声がエロ優しい!

(字幕鑑賞中)
「Remember remember...」
はわわわ////←悶絶

(吹き替え鑑賞中)
「忘れるな、忘れるな…」
ふおおお////←吐血

ってなるから!顔見えないのにすごい演技力だわ!中身マトリックスのエージェントスミスとかもう半分ネタかと思う!エージェントスミスがエプロンで卵焼いてるとかもうはわわわわ////

Vの行動は、まあテロはダメだけど革命はOKなのかよみたいな謎論理だし、良いとも悪いとも言えんけど、Vの生き様は間違いなく正しい。素敵。好き。抱かれたい。捧げたい。愛してる。結婚してほ(以下略)