ビューティフル・マインドの作品情報・感想・評価・動画配信

ビューティフル・マインド2001年製作の映画)

A Beautiful Mind

上映日:2002年03月30日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ビューティフル・マインド」に投稿された感想・評価

qudan

qudanの感想・評価

3.5
ミッドポイントから物語の見え方が変わる構成。
それ以降はサスペンスフル・ドラマチックで盛り上がる。

だがミッドポイント前はやや単調。
あえて、軽めにしていると思うが。
Izucha19

Izucha19の感想・評価

4.1
学校の講義の一環で見た。
精神病持つ数学者さんと奥さんの愛のお話

このレビューはネタバレを含みます

序盤から、ラッセル クロウさんの演技に魅了されました。私の中で上位を争う俳優にランクインしました。
アリシアの聡明さから、愛を信じたくなります。
統合失調症の地獄のような苦しさが伝わる映画です。現実と夢、見分け方がなく、答えが無く、何をどう信じるか分からない病気でいかに、周りの人のサポートが大切かも学べました。
いが

いがの感想・評価

4.2
名作名作!
しゅー

しゅーの感想・評価

4.0
素晴らしい映画。やはり天才はこうでなくてはならない。っと、感想書いたつもりが書いてなくて、フレッシュな感想を忘れてしまった。また観たいしオススメしたい映画です。
sato

satoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

「自分に大切な人や場所あるいは思い出が、消えたり死んだのではなく実は存在しなかった。恐ろしいだろ?」
ナッシュが何と戦っているのかをとてもよく表したセリフだと思う。
今までの拠り所(親友や仕事)が実は存在しておらず、全て自分の妄想だと知ったら、一体何を信じられるだろうか。まさに地獄だろう。
この作品が面白いところは、孤高の天才ジョン・ナッシュの半生を「彼が何を考え、何と戦っていたのか」そして「彼を支え、救ったものは何か」に主題を置いて描いたところだと思う。

サスペンスの使い方が良い。物語に緊張感を作り出し、ジェットコースターのように飽きさせない。
特にナッシュの総合失調症の再発が判明したクライマックス。あのシーンがあるとないとでは、その後の愛を確かめるシーンの感情の動かされ方が全然違ってくると思う。
サスペンスに感情の起伏を激しく乱され、気がつけば心を動かされていた。ざっくり言えばそんな感じ。

こういうしっとりした映画に弱いなぁ。
ついつい目が潤んでしまう。面白かった。
なみ

なみの感想・評価

-
もう一度ちゃんとみます
yuka

yukaの感想・評価

3.9
あらすじだけ読んでたら騙された。確かに結婚式にチャールズが居ないなとは思ったけど!
人物についてもよく調べずに見始めたので経済の「ナッシュ均衡」のナッシュだと気づいて感動。
「博士と彼女のセオリー」のような、強くて献身的な奥さんに支えられた天才学者の半生を描いた映画。
ラッセル・クロウが本当に好きで、昔一度観たきりの今作を観賞

ブリンストン大に入学したジョン・ナッシュは並外れた頭脳を持ちながらも人付き合いを苦手としていた
ルームメイトのチャールズの助けもあって論文を完成させMITに推薦されたジョンはやがて、巨大な陰謀に巻き込まれていく…という内容

途中までなんでこれのジャンルがドラマなんだ?サスペンスじゃないのか?って思ってたけど、とんでもなかった
病気を抱えた孤独な数学者が周りの助けを得て立ち直り成功を修めるヒューマン・ドラマだ

ラッセル・クロウの迫真の演技に終始圧倒される
ひねくれた学生からノーベル賞を受賞した瞬間までジョン・ナッシュその人だった
幻の黒服を着たエド・ハリスがめちゃくちゃカッコよかったな

見えているはずの人が他の人には認知されてない、携わっていたはずの仕事が最初から無かったって言われた時、僕ならどう感じるんだろう
偏屈で人との繋がりを持とうとしなかったナッシュが気を許した親友や生きがいである仕事の上司、それらが存在しないと知った時のショックは想像すらできない
内に籠って妻よりも数学に助けを求めたせいで病気が再発してしまって
答えはアリシアの言う通り「頭」じゃなくて「心」にあった
古巣に戻って旧友の力を借り、後輩達に囲まれて現実を生きたナッシュが強く見えた

僕自身、精神的に辛くなって前の職場を辞めて、知り合いに誘われて今の職場で働き始めて、周りの助けを得て日々をなんとか生きてる
だからか、徐々に幻と決別していくナッシュを見て涙が止まらなかった

素晴らしい映画
辛くなった時にもう一度観たい
>|