片腕ファルコン

パンツの穴の片腕ファルコンのレビュー・感想・評価

パンツの穴(1984年製作の映画)
3.0
博多から東京の中学へ転校してきた【ムキンポ】君を中心に巻き起こすエロ(グロ)青春コメディ!!

下ネタがですね、僕も赤面してしまうほど下品ですね。。【ムキンポ】君が恋するヒロイン菊池桃子もよくこんなん出てましたね。。
ヘアスタイルはちょっとダサいですが化粧はちょうど今の感じと似ていて他の子も自然にカワイイと思えてしまいます!
【ムキンポ】君がさらに恋してしまう、もうひとりのヒロイン矢野有美っていう子が異常にカワイイですね!!何ですか、この方は!!

意外な所では若かれし頃の豊原功補が極悪不良役で登場しますが…彼はこの映画で一番悲惨な目にあってます。。
ヒントは『ソドムの市』『テレキャノ』『ピンクフラミンゴ』など。。お察し下さい。あくまで僕は汚い系が大嫌いです。。。

そんなナンセンスなお下品ネタを繰り返しながら【ムキンポ】君は成長していくのですが…

終盤に全てを吹っ飛ばすとんでもない展開が訪れます。。さすが鈴木則文監督としか言いようがないのですが、アレがクライマックスじゃないのですね。。

全体的に取り留めも無い作品ですが…何か嫌いになれないバカ~なお話です。

僕も中学2年くらいからむっつりスケベをやめて現状のキャラに覚醒しております!!
【ムキンポ】君みたいな友達ほしいですな~!

あ~【ムキンポ】【ムキンポ】【ムキンポ】