にっきい

クリーン、シェーブンのにっきいのレビュー・感想・評価

クリーン、シェーブン(1993年製作の映画)
1.8
ニコール(娘ちゃん)がブ…。

仲良しのりょーこさんのレビューで精神病を追体験出来る作品と知って観に行ってきました。

娘に会いたい男の話し。
いや〜、コレは強烈でした。
ボクの1番苦手な爪を剥ぐシーンがあるんですよ。
まあそれは置いといて、主人公が完全に壊れてる。
しかもリアルな壊れ方。
知ったかぶりではなくボクの身内には本当に統合失調症の疑いで入院した人がいるので実体験です。
彼らは本当に自身のコントロールが出来なくて、ふとしたきっかけで急に怒ったり、理解できない行動を取ったりするんです。
入院中閉鎖病棟にも行った事有りますが、もっと強烈な人たちがいっぱいいらっしゃいましたが…。
そして主人公の母親の態度。
あれもリアルだと思うんです。
息子である主人公に対して無関心なのではなく、何故訳の分からない行動を取って問題を起こすのかが理解出来ないから、関わりたくない。
そう言う意味では非常に良く出来た映画だと思うんですが、作品として面白いかは別。
ストーリーは施設から出所した主人公は、統合失調症で壊れゆくなか里子に出された娘を探し続ける。
しかし何故か少女殺害容疑をかけられ警察から追われることになり…、と言うのが一応有るらしいんですが、説明を極力排した演出で、正直ストーリーなんて伝わってきませんでした。
なので脳に受信機、爪に送信機が付いていると思い込んでるなんて設定は一才分からず。
ただただ頭の中で鳴り響くノイズに苦しみ自傷行為を繰り返す主人公と、何も証拠が無いのに主人公を犯人だと決めつけて娘の里親とおSEXをする刑事が映し出されるだけで、カックンカックンなりながら朦朧とした意識で観たので非常に疲れましたw

今朝の1曲
Girlschool 『C'mon Lets Go 』
パンクとヘヴィメタルを融合し、キャッチーのメロディの彼女たちは今や史上最長寿な女性ヘヴィメタルバンドと呼ばれています。
その40年以上のキャリアで1度も男性が入ったのとの無い生粋の女性バンドです。
この曲(https://m.youtube.com/watch?v=BYNWo93fPG8)は、彼女たちの2ndアルバム(メジャーデビューアルバム)『Hit and Run』に収録されていて、タイトルトラックと共に大ヒットしました。
黒のタンクトップとミニスカートで力強いギターリフを弾きながらボーカルを務めるケリー•ジョンソンのカッコいい事!
残念ながら彼女は2007年に6年にも及ぶ癌の闘病の末に他界されました。




*********鑑賞記録*********
鑑賞日:2021年9月11日
鑑賞回:17:30〜18:55
劇場名:出町座
座席情報:2F E-5
上映方式:2D 字幕
レーティング:PG12
上映時間:79分
備考:会員料金(1000円)
**********************

NEXT▶︎▶︎▶︎『僕だけがいない街』