花俟良王

クリーン、シェーブンの花俟良王のレビュー・感想・評価

クリーン、シェーブン(1993年製作の映画)
3.5
辛い、痛い、息苦しい。雰囲気重視のアート作品などではなく、人間ドラマとサスペンスを、侵略された精神の霧の中で再構築する真摯な作品だ。

急展開するラストに立ち昇る伏線と問題定義、そして考察の余白に作品の豊かさを知る。25年を経てようやく対峙できた孤高の作品。