スティーヴン豆腐

クリーン、シェーブンのスティーヴン豆腐のレビュー・感想・評価

クリーン、シェーブン(1993年製作の映画)
2.7
里子に出された娘を探し求める統合失調症患者のロードムービー。
昨年の『アングスト/不安』公開の流れを受けたリバイバル上映であろうことは想像に難くない。

主人公ピーターは頭には受信機、指には送信機が埋め込まれていると信じ常に幻覚や幻聴に悩まされていることから、統合失調症を擬似体験出来るというあまり嬉しくはない触れ込みの本作。この部分に関しては特に驚きや発見は無かった。

イギリスのゲームデベロッパーNinja Theory(現在はMS傘下)が手掛けた『Hellblade : Senua's Sacrifice』というアクションアドベンチャーゲームがある。
このゲームの主人公であるケルト人の女戦士セヌアはピーター同様に統合失調症を患っており、開発者達はケンブリッジ大学の専門家に協力を仰ぎ、実際の患者達への取材を重ねることで、幻視や幻聴といった症状を必然的なかたちでゲームプレイに組み込む事に成功している。
もし自分がこのゲームを経験していなければ、本作に抱く感想も違っていたかもしれない。