ハリヲ

クリーン、シェーブンのハリヲのレビュー・感想・評価

クリーン、シェーブン(1993年製作の映画)
3.7
妄想に取り憑かれた男が、自分の娘の行方を探してさまよう物語。

深く静かに心を抉る映画。鳴り止まないラジオのノイズ、何者かの声といった幻聴に苦しむ主人公。淡々とした映像からは、登場人物の心情を推し量ることが難しいが、人間の冷酷さが浮き彫りにされている。主人公の妄想や奇行よりも恐ろしい。

あまりにも精神的な負荷が高いので繰り返し観たくなるタイプではないが、想像の余地を残したラストも含めて良質な作品。