al

ハリーの災難のalのレビュー・感想・評価

ハリーの災難(1955年製作の映画)
3.5
ヒッチコック作品にしては珍しい脱力系コメディ(?)作品。
死体を目前にしてお茶に誘う者、靴を履き替える者、ついにはスケッチを始める者まで…登場人物が皆オトボケであきれるが、冷静に考えると不気味でしかない。
あの勝手に開くクローゼットはなんだったんだろう?!不可解な描写が多く鑑賞後ジワジワきた。

最後に、紅葉がとても綺麗だった。