ハリー・ポッターと炎のゴブレットの作品情報・感想・評価

ハリー・ポッターと炎のゴブレット2005年製作の映画)

Harry Potter and the Goblet of Fire

上映日:2005年11月26日

製作国:

上映時間:157分

3.8

あらすじ

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」に投稿された感想・評価

《三大魔法対抗試合》

(あらすじ)

大ヒット・ファンタジー・シリーズの第4作。
ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が4年生に進級した新学期の初日、ダンブルドア校長から、伝説の“三大魔法学校対抗試合”が復活するという重大発表がなされる。それは、各校から1名ずつ選ばれた代表選手が魔法の力を競い合う交流戦。そして“炎のゴブレット”によって各校の代表3名が選ばれた直後、なぜか4人目の選手としてハリーの名が告げられるのだった。そんなハリーに過去最大級の試練か訪れる

(感想)

4作品目から監督が変わり、新たなダークな世界観、大人びたハリーたちに一気に様変わりをした炎のゴブレット。
三大魔法対抗試合が行われてる中で例のあの人が裏で暗躍し始めるといった伏線も貼られていてどちらの展開も目が離せないものとなっています。

そんな中で僕が個人的に注目してほしいのが今作でホグワーツの代表者でハッフルパフ5年生の"セドリック・ディゴリー"を務めた"ロバートパティンソン"

僕がハリーポッターで1番好きなキャラは?と聞かれたら間違いなくこの人です(初めて観た時からずっとこれだけは変わってないですw)
故に僕はハッフルパフ推しです笑

この人のセドリックを演じる演技力、当時19歳で醸すあのセクシーさ、役から滲み出る優しさ、ホグワーツの代表になるほど優秀なディゴリーにこんな完璧な人おるんか!と思いました。
生まれ変わったらセドリックディゴリーになりたいです。切実。。

ただ終わり方がやるせなかったので毎回見るたびにヴォルデモートに悪意が芽生えます。笑

話の展開もテンポが良く三大対抗試合に沿って展開するので他のシリーズよりかは分かりやすいような気がします。
シリーズの中盤でありながらも不動の名作であることには間違いないです。

(追記)

先日のハリポタイベントは大好評につき来て下さった皆さんありがとうございました!
寮のカクテルやバタービール、ハリーの誕生日などの食べ物や寮対抗試合やリアルクディッチなども大盛況でほんと嬉しかったです!
Twitterでは、#ホグワーツ #bigfish と調べるとどんなことやったのか見れるので是非フォロワーの皆さんも観てみてください!
ちなみに次は別の映画のイベントもやる予定です!
M

Mの感想・評価

3.8
過去3作品からダークサイドへのイメージ転換が図られた。歳を重ねるにつれて、ハマってくる。だが、子供向け作品としては難解。

過去鑑賞
原作を知らないから、急に展開が暗くなってびっくり
Saku

Sakuの感想・評価

3.0
第4作目。吹き替え鑑賞。

ストーリーが重い。シリアス。
望んでないのに三大魔法学校対抗試合に出ないといけなくなったハリー。
何か見ていてつらかった。
しかし、ダンスパーティーのハーマイオニーはよかった。可愛かった。

「奇妙な夢」「三大魔法学校対抗試合(トライ・ウィザード・トーナメント)」「代表選手:セドリック、ビクトール、フラー」
あぁ、シリウス、、、
WDNNM

WDNNMの感想・評価

3.4
記録用
格段にダークファンタジーになったハリポタ。

墓場のシーンはドキドキして見ていたのが今でも思い出せます。

頭脳戦がとても楽しいけれど、話が重たい………。

ハリー派だったのに、ロンがかっこよくなっていってロンに惚れた作品。

エマワトソンは変わらずずっと可愛い。
PIXY

PIXYの感想・評価

4.0
原作だとハリーの性格が微妙になってきた話、映画だとそこまでではなかった。
フラーやセドリックもっとスポット当ててほしかったけど限られた時間では仕方ないか。二回目の観賞なのに冒頭の映像は全く記憶になかった、でもやっぱりヴォルデモートのビジュアルが一番インパクトがあった、トム・リドルがなぜあーなったのか不思議。
>|