しまチャン

嗤う伊右衛門のしまチャンのレビュー・感想・評価

嗤う伊右衛門(2003年製作の映画)
3.0
雰囲気はあるけど、所謂「怪談映画」とは違うから、ホラーを期待すると大きく肩透かしを食らう。
稀代のクズ人間であるハズの民谷伊右衛門が良い夫として描かれている事への違和感が凄くてそれを受け入れられないまま終わってしまった感じ。
京極夏彦原作でセカイノニナガワ監督だからやや大衆的になってしまうのは致し方なしか。

兎にも角にも小雪が最初からあの特殊メイクながら美しさ衰えず、それが一番恐ろしい。