みや

嗤う伊右衛門のみやのネタバレレビュー・内容・結末

嗤う伊右衛門(2003年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

家名断絶の危機にある民谷家に浪人・境野伊右衛門が婿入りし、疱瘡のために顔が崩れている岩を不器用ながらにも愛し続けた悲恋の物語。
四代目 鶴屋南北「東海道四谷怪談」と「四谷雑談集」を下敷きに執筆された京極夏彦の同名小説が原作。随分前に既読済。

2回目の鑑賞だが、ほとんど覚えていなかった。
「魔性の夏 四谷怪談・より 」を観たばかりだったので、伊右衛門のあまりのギャップに驚く。
京極版伊右衛門の方が異色なのだとは分かっているが、こちらの方が好き。

前半は伊右衛門も岩も不器用なので言葉が足らず、「なんで喧嘩してるの?」「なんで仲直りしてるの?」と疑問に思うことも多々あった。
途中で離縁してから、一気に面白くなる。
人間関係の絡み合いやすれ違いが上手かった。
流石。

とにかく岩役の小雪が美しい。
顔の半面が醜いからこそ美しさが際立つ。
凛としてかっこよかった。