マルホランド・ドライブの作品情報・感想・評価

「マルホランド・ドライブ」に投稿された感想・評価

『わたしのあたまはどうかしている。』

夢と妄想。
記憶と現実。

頭の中を覗いてるような衝撃。
映画が始まって直ぐに、違和感のある世界に引き込まれる。そしてその世界は、様々な感情と、独特な魅力に溢れかえっている。(数回目以降は何処から観てもある意味楽しめる)

この映画には麻薬のような中毒性がある。
ナオミワッツの体当りの演技に脱帽。
普段「ラブストーリー」は余り観ないが、個人的にはリンチ作品の中で一番好きだったりする。
頭おかしくなる。
レースアクションの映画ではありませんでした。
こっれは面白い!!!出会えてよかった!!!
箱=劇場の中の劇場、劇中劇のような存在?
リアルな夢とつかみどころのない現実の交換可能性。
サンセット大通りが観る人の心の写し鏡だとしたら、この作品は一つで合わせ鏡のようなはたらきをしているようにも思える。
「メビウスの輪」、全く同じこと考えた!なぞなぞの本はそのものの実態で完結してるような。
31monks

31monksの感想・評価

3.4
オチは好きじゃないけど前半は面白かった。監督の受難とか、自殺を偽装しようとしてなぜか隣のデブ女と格闘するハメになるチンピラとか。
も一回見るっしょ
Otun

Otunの感想・評価

4.7
再見。再レビュー。
デビッドリンチ作『マルホランドドライブ』。

久しぶりに見ましたが、やはり、もぅ超ド級のおもしろさ。
冒頭に出てくる標識。マルホランドドライブ→サンセット大通り。嗚呼、このお洒落さたるや。

デビッドリンチの生み出す、暗示に満ちたイメージの連続。観客はパズルのピースの様にそれらを脳内ではめ込み、またはめ変える。
不穏さ、の提示が絶妙で後半パズルのピースがだんだんと埋まり、炙り出されていく現実に驚嘆、咆哮する。
そこで一言『お静かに』。

ぎゃーーっ!!お静かに、無理無理ー!!
どんだけーーーーっ!!!
凄い、凄すぎる。久しぶりに見たけど顎外れた。そして外れた顎を私は戻した。
次作?の『エンランドエンパイア』あたりだと、イメージの量が多過ぎて、途中で『あ、もういいやー』とかなるんだけど、今作はそーはならない。ぐんぐん。めりめり。
観客の心を完全に制御するデビッドリンチ!その采配の全てが絶妙!
もう、ひたすらリンチのイメージの洪水に溺れるっちゃ!!

はいはい。お静かにー、でした。
natsumi

natsumiの感想・評価

3.6
観ている最中は特に面白いとは思わなかったが、解説読んだ後に知った映画のコンセプトがすごく好き。現実よりも夢の中で楽しく生きてもいいんじゃない。赤と青が印象的で全体的に暗い映像に映える。あの曲が完全にマツコの知らない世界だった。ララランドの邪悪な姉妹という例えに納得。近いうちにもう一度見たい。
>|