U・ボートの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「U・ボート」に投稿された感想・評価

オリジナル版を随分前に観たが、ほとんど忘れていた。ディレクターズカット版は初鑑賞。
本作は潜水艦に同乗する従軍記者の目を通して、当時の潜水艦内部や戦闘状況を追体験できる。その映像は臭いまで伝わってくるようで、非常にリアル。最近観た「ハンターキラー」の潜水艦と比べると、その居住環境の劣悪さは凄まじい。
また、ドイツ潜水艦側の視点のみの描写のため、感情移入しやすく、臨場感に溢れており、水中探査システムの音や艦の軋む音に息を詰めてしまう。
再鑑賞して、ドイツ軍の中にも色々な考えの人がいたという当たり前の事実を改めて感じた。ドイツ軍というと、統制のとれた冷酷無比な兵士をイメージしがちで、これは別組織であるナチ親衛隊などのイメージからと思われる。
本作は反ヒトラー、反ナチ的な考えの持ち主を物語の中心に置いたところに、ドイツ映画らしさを感じる。逆に驚愕のラストもこうせざる得ないところが、ドイツ映画の必然なのかもしれない。
田

田の感想・評価

-
つらい
何度観ても飽きない傑作!

ラストのあっさり感は語り草~。

デレクターズカット版はオリジナルに比べると、確かにストーリーに必要無いし、尺長くなるだけなので、監督が適材適所に編集カットするんだなぁ~って事が良く解った!
緊迫感がすごい。ディレクターズカット版は長いけど、最後まで飽きません。
satohei3

satohei3の感想・評価

3.5
臭くて、狭苦しくて、死と隣り合わせ。
なんとも過酷な潜水艦勤務。
私には耐えられない。
見ていて苦しくなる映画でした。
名作だと思うけど、辛かったので3.5
th

thの感想・評価

3.0
まあまあ。
女性が殆ど出なくて海水に濡れた髭もじゃの男衆が密室で近い!!
POVの先駆的な作品かな。
水圧で鉄が軋む音、沈黙の髭もじゃ達。
どこかで聴いたことのあるBGM。
潜水艦映画の傑作!!
ああ、面白いww!!
wowow録画
パワフル&無常観❗️
久し振りに観賞。
面白かった。
他の潜水艦映画と違い、全てがリアルに感じられます。
あの閉塞感と船員の体臭等が犇々と伝わって来る。
錯乱した機関士長とか本当に怖かった。
ちょいちょい流れるテーマ曲も壮大で物悲しくて好きです。
>|