U・ボートの作品情報・感想・評価

「U・ボート」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

1.1
再度鑑賞予定
non

nonの感想・評価

-
ほぼ潜水艦の中で
繰り広げられる話
という前知識で
きっと嫌がらせとかいじめとか
そういうの沢山あるんだろうな…
と思っていたんだけど
そんなこと
してる場合じゃなかった。
戦争だった。

敵が行った!とかやばい!
となって、ハラハラしたり
ほっとしたりするけど
ヒトラー!となるところで
あっ…そうだった…
でもこのとき日本も…
とか、色々もやもやして
衝撃のラスト


戦争って本当に、
無駄なことだよ…
ピデ

ピデの感想・評価

4.4
臭ってきそうな閉鎖空間の迫真の演技。緊張感も伝わり、初見の時は息苦しくなった。潜水艦物を見るなら先ずはこの作品から。
otom

otomの感想・評価

4.6
10年振りくらいの鑑賞。数ある兵器の中で潜水艦と云う地味な題材ではあるものの、それが気にならないくらいに良くできている。これでもかと閉塞感を表現した映画であるが、浮上した時の開放感はさすがにファルコンが見えてきます。しかし編集版なので物足りない。これはやっぱりTV版で観る方が良い。鑑賞後の悲壮感は異常、傑作です。
これが戦争か
asa

asaの感想・評価

-
音楽がかっこいい
Yukari

Yukariの感想・評価

4.2
この映画、存在は知っていたけど見たことはなくて。今回勇気を出してディレクターズカット版の3時間28分鑑賞。
長すぎてだれるかと思いきや、緊張感の持続が凄すぎてひたすら面白い。ほぼ潜水艦の中しか写してないし、狭いところをまぁー行ったり来たりの連続。それだけなのにあの引き込まれ方…すごい…
ラスト1時間はさらに食い入るように見た。思わず『よっしゃあぁぁーー!!いったれーーー!!』と心の中で呟く。
そしてラスト…なんの予備知識もなく見ていたので心構えもないまま…エンドロールが出た瞬間『えっ……えっ…?』と声に出てしまった。衝撃だったなぁ。
JF

JFの感想・評価

4.9
ウォルフガングペーターゼン監督の珠玉の作品。名作多しと言われる潜水艦ものの頂点にそびえ立つ大傑作。ディレクターカット版は未見。

快進撃を続けてきたドイツ軍の兵器の一つUボート。そこに乗り込むのは歴戦の勇士である船長とそれを支えたクルー、そして若者たち。今回は報道班員のベルナー少尉も。少尉の目を通して語られる大西洋の魔物、Uボートとは。そして待ち受けるものは。

ほとんどの場面が鬱屈した船内の中。撮影に2年間もかけたお陰で登場人物がみんな青白くヒゲも生えほんとうの潜水艦乗りのように。その閉鎖性と緊張感がたまらない。好きな人なら身悶えるのではないか。索敵するということは索敵されるということ。撃沈するということは撃沈されるということ。命をかけた戦いがしんしんと続く。恐怖にも色々ある。相手の爆雷、軋む船体、圧迫されることによる浸水とその音。頭上の相手をやり過ごすために船の限界を超える潜水。まあ、キリがない。

極限状態での戦闘。敵乗組員を見捨てる。精神をきたした水兵が機関の故障を直して見せるシーンはいい。

潜水艦の魅力と極限で戦った乗組員の奮闘をあの荘厳な音楽とともにたっぷりと鑑賞していただければ。

そして乾いた虚しいラストへ。小さな頃本作を初めて見たとき、「ああ、物語ってこんな切ない終わり方もするんだ」と学んだ。

なんでも本当のUボート乗りはこんなに戦いの中に不安さを見せなかったそうだ。落ち着き、任務に集中していたとのこと。死を覚悟し、なお輝いていたドイツ軍人のプライドがそう言わせるのだろう。そして40000人の乗組員のうち30000人が戦没したとのこと。海で散るのはどんな気持ちだったのだろう。

テレビシリーズのDVDパックが欲しい。
>|