青二歳

ごろつき船の青二歳のレビュー・感想・評価

ごろつき船(1950年製作の映画)
3.9
松前藩の脅威となった密貿易船をめぐるお話。大佛次郎原作。1950年なのにチャンバラ!火の中の大立ち回り!この火と家屋と殺陣の構図には森一生の美学を見ます..圧倒。
悪家老と密貿易商人を幕府の正義の官吏(大河内傳次郎)が追い詰める痛快活劇。
濡れ衣を着せられた商人の娘イトに愛らしい若杉紀英子、それを助ける奉公人に加東大介。正義感溢れる横目付け伊織に坂東好太郎(超イケメン)。

なんといってもクライマックス..屋敷が火に落ちる中の大チャンバラ。この殺陣は見事。美意識高い。それにしてもGHQに怒られなかったの?(・_・;
あとオープニングのダンスといい後半のアイヌの描写も…なんかもう…だけど撮影当時の記録としては貴重では。