DAICON FILM版 帰ってきたウルトラマンの作品情報・感想・評価・動画配信

『DAICON FILM版 帰ってきたウルトラマン』に投稿された感想・評価

本作についてはいろんなところ(『アオイホノオ』とか)から情報が入ってきたし、部分的には観たことがあったけど、想像の何倍もクオリティが高くて驚いた。
学生が80年代に8mmでこれを撮ったなんて、ちょっともうすごすぎる。
電信柱を下から見上げたり、電話機の隙間越しのアングルとかがぽかった。
久しぶりに観た
特撮愛!
観た時代で評価は全然違う作品だなーと。

エヴァがありシンゴジラがありシンウルトラマンがありの庵野さんを知った上でこれを観ると、スゴイなーって思いました。

エヴァより前にこれを観たとすると、ウルトラマンファンだけがすげぇ!ってなるよね、まあ当たり前か笑

要は、この作品はそれくらい庵野さんたちのウルトラマンシリーズへの愛と情熱(まあ、新マンまでの愛か)が注がれてるってことで。

実相寺監督のカメラワークはホントに個性的なんだなって思う。今作も大体は実相寺アングルが印象的だし、シンウルトラマンとかやり過ぎなくらい実相寺アングルだったし。

所謂庵野流を感じるのって、BGMにクラシック使うところくらいかな?
あとは小さい破片が街中に落ちる様を緻密に描くってところとかか。エヴァでもよく見る印象。

あでも1つスゴいイイなと思うのは、ウルトラ作品がかなり大味なリアルっぽさへの拘り。隕石落ちた時の分析シーンとかめっちゃソレっぽくてカッコよかったです。これも庵野流なのかなぁ。
ウルトラマンは、正直そこら辺はもう超兵器とかでザックリしてるんだよな。

クラシック流れると途端にエヴァっぽく感じるのは作家性が出てるのかなぁと思った。

特撮部分は今見てもおぉ!て思えるシーンが多くて、ホントすげぇって思いました。
M

Mの感想・評価

-
2022-227
若き日の庵野監督
実相寺アングルはこの頃から顕在
明らかに低予算な作りだけど、これをアマチュアが集まって作ったと考えると凄い

役者の演技はもうちょっと頑張ってほしい
素直に感動する出来。
構図の奇抜さよりもカメラの動きと繋ぎのセンスだと思う。当然特撮っぽいのと創意工夫もすごい。のちの作品よりおもしろいのでは。
ラダ

ラダの感想・評価

-
特撮とは創意工夫であり、ウルトラマンとは愛である。※スコアは無し
splashstar

splashstarの感想・評価

3.5
内容はアオイホノオで見たイメージ通りでしたが、あらためて凄いと思う。他人に勧められるよりも自分で見つけるほうが嬉しい作品。
>|

あなたにおすすめの記事