メジャーリーグの作品情報・感想・評価

「メジャーリーグ」に投稿された感想・評価

メジャーリーグが遠い世界のものだったあの頃。

野茂がメジャーデビューしたのが1995年。それよりも前に公開されたこの映画。
バリバリの大リーガー、ボブ・ホーナーがヤクルトスワローズに入団。日本デビュー戦でいきなりホームランかっ飛ばすと、翌日の試合で3本のホームラン打って、日本中の度肝を抜いた。

メジャーリーグってこんなやつがゴロゴロいるのか。アメリカの野球すげえ!!!

その数年後、この映画が公開。

当時のテレビ番組でクライマックスのハイライト部分、チャーリーシーンが三球三振でヤンキースの打者を打ち取るシーンがノーカットでテレビで放映されました。

もうそれ観て、なんだこりゃ、もう観たすぎる! と。公開初日に新宿ミラノ座に出掛けると、入れ替え無しなのを良いことに1日中観てました。

いまだに大好きな映画で、たまに観たくなります。最近は吹き替えで観ることが多いかな。

ストーリー的にはスポーツ物の王道で、ポンコツばかり集まった弱小チームが、あることがきっかけで奮起、少しずつチームワークができ、実力もつき始めて快進撃を続けますが。。。

ってお話。

実際にあるチーム、インディアンスが舞台というのもみそ。
今でこそ、結構な強豪チームになったインディアンスですが、当時は弱小も弱小。だからこそ痛快だったし、説得力があった。

ノーコン豪速球投手。

ベテランの怪我持ち捕手。

ストレートしか打てない大砲。

FAを取り怪我を恐れて、緩慢なプレーを繰り返す三塁手。

韋駄天だけど、ポップフライしか打てない外野手。

変化球を曲げるために身体中に軟膏を塗って、指に付けながら投げるベテラン先発投手。。。

そしてマイナーリーグで指揮を執っていたものの、大した実績も残せずにいた監督。。。

どいつもこいつもポンコツだらけだけど、一致団結したら素晴らしいチームになるのよ、これが。

もちろんアラはあるけど、ね。
惚れちまったらそんなの関係ねえ(笑)

ノーコン投手のチャーリー・シーン演じるリッキーボーンが、コントロールが悪いのは視力が悪いせいだと気づき、メガネ掛けるとコントロールが良くなるって。。。

そんなバカな(笑)!!!

ラスト、ワイルドシングが鳴り響くスタジアムの中を威風堂々マウンドに向かうリッキー・ボーン。

ああ、名シーンだよなぁ。

また大スクリーンで観たいもんです( ´△`)
チャーリーシーンのメガネかけたピッチャーで有名な野球映画。テンポよくて明るいコメディタッチで家族で楽しめる。ラストのもりあがりがすごい。
meg

megの感想・評価

3.0
野球好きの癖に恥ずかしながら初鑑賞。予想以上に面白かった!無理矢理な始まりではあるが、素直な見方をすれば楽しめる。登場人物も多いが、一人一人個性的でカラーがある。私はやっぱりリッキーが好き♪チャーリー・シーンの黒縁眼鏡姿に萌えた。吹き替えの池田秀一にも(シャアに思いを馳せながら)萌えた。ただチームが唐突に強くなるので、そこはもう少し丁寧に描いてほしかった。でも始めの練習シーンはなかなか見物。素なのか演技なのか分からない程へたっぴで笑える。
昔観た記録

子ども心に好きだったな~
小さな頃みたけど、面白かったな。

2作目はあの有名人が出演してたよな。
>|