メジャーリーグの作品情報・感想・評価

「メジャーリーグ」に投稿された感想・評価

メジャーリーグが遠い世界のものだったあの頃。

野茂がメジャーデビューしたのが1995年。それよりも前に公開されたこの映画。
バリバリの大リーガー、ボブ・ホーナーがヤクルトスワローズに入団。日本デビュー戦でいきなりホームランかっ飛ばすと、翌日の試合で3本のホームラン打って、日本中の度肝を抜いた。

メジャーリーグってこんなやつがゴロゴロいるのか。アメリカの野球すげえ!!!

その数年後、この映画が公開。

当時のテレビ番組でクライマックスのハイライト部分、チャーリーシーンが三球三振でヤンキースの打者を打ち取るシーンがノーカットでテレビで放映されました。

もうそれ観て、なんだこりゃ、もう観たすぎる! と。公開初日に新宿ミラノ座に出掛けると、入れ替え無しなのを良いことに1日中観てました。

いまだに大好きな映画で、たまに観たくなります。最近は吹き替えで観ることが多いかな。

ストーリー的にはスポーツ物の王道で、ポンコツばかり集まった弱小チームが、あることがきっかけで奮起、少しずつチームワークができ、実力もつき始めて快進撃を続けますが。。。

ってお話。

実際にあるチーム、インディアンスが舞台というのもみそ。
今でこそ、結構な強豪チームになったインディアンスですが、当時は弱小も弱小。だからこそ痛快だったし、説得力があった。

ノーコン豪速球投手。

ベテランの怪我持ち捕手。

ストレートしか打てない大砲。

FAを取り怪我を恐れて、緩慢なプレーを繰り返す三塁手。

韋駄天だけど、ポップフライしか打てない外野手。

変化球を曲げるために身体中に軟膏を塗って、指に付けながら投げるベテラン先発投手。。。

そしてマイナーリーグで指揮を執っていたものの、大した実績も残せずにいた監督。。。

どいつもこいつもポンコツだらけだけど、一致団結したら素晴らしいチームになるのよ、これが。

もちろんアラはあるけど、ね。
惚れちまったらそんなの関係ねえ(笑)

ノーコン投手のチャーリー・シーン演じるリッキーボーンが、コントロールが悪いのは視力が悪いせいだと気づき、メガネ掛けるとコントロールが良くなるって。。。

そんなバカな(笑)!!!

ラスト、ワイルドシングが鳴り響くスタジアムの中を威風堂々マウンドに向かうリッキー・ボーン。

ああ、名シーンだよなぁ。

また大スクリーンで観たいもんです( ´△`)
僕の10代はぐちゃぐちゃだった。

家庭というものに関心のなかった父は
ほとんど家にいなかった。
そんな父が病院に緊急搬送された。
愛人宅で倒れた父は、
その(愛人にフラれた)ショックから、
意識を失ったらしい。
病院に駆けつけた時は、記憶喪失に
なっていて、人間の抜け殻みたく
なっていた。その出来事をキッカケに
父は社長でありながら、会社を追われた。
今思えば、愛人にフラれただけで
父がそうなったとは思っていない。
父と母はまだ離婚をしていなかったが、
いろいろありすぎて、家庭は崩壊していた。

まだ僕が映画を見始める前、
ある日父が何故か、家族全員に
『映画を観に行こう』と声をかけた。
僕は、母も兄も妹と断るかな、と思ったら、
誰も断らずに全員で行くことになった。
父が決めたか、全員で決めたか覚えて
いないが、作品は(メジャーリーグ)に
なった。

バカにされ続けたメジャーリーグの
負け犬チームがプレイヤーたちが
主人公だった。
コメディと熱血スポーツもののバランスが
素晴らしく、僕らはたくさん笑って、
クライマックスのシーンも胸を熱くした。
我が家の大切な、楽しい記憶になった。

映画(なんて)、人を救わない。
映画(なんて)、観ただけで、
何か大きな事を解決する訳でもない。

でも、ほんのちょっとだけ、
ほんのちょっとだけ、
人の心を強くすることは出来る。
過去観賞記録。
私の中で野球映画といったら本作が真っ先に上がります。
分かり易すぎるサクセスストーリーですが、笑えて面白いです。
主人公以外のチームの問題児たちもキャラが立っています。
個人的に試合の実況が面白かったです。
子どもの頃から何度も観ています。
2017/12/11

面白い!!
やっぱり野球は最高!
MiYA

MiYAの感想・評価

5.0
子ども(?)のときから何度見たかわからない大好きな映画。昔はしょっちゅうゴールデンタイムで放映されてたんですが、実に久々の視聴。

この映画はやっぱり野球好きにはたまらなく面白い!ストーリーは、落ちこぼれの弱小チームが団結して快進撃をするという他愛のないものですが、なんでこの映画が素晴らしいのかというと、本当の野球好きが作った映画だということがわかるから。現実でも弱小球団だったインディアンズが優勝するというストーリーは夢があるし、クライマックスの2死2塁からのセーフティバントなんて、野球好きじゃないと書けないシナリオでしょう。このクライマックスのスローモーションは何度見ても感動するなぁ。

プレーシーンの迫力も素晴らしい。とりわけチャーリー・シーンのピッチングと、ウェズリー・スナイプスの身のこなしは見事です(一部の役者の演技に難はありますが…)

いまになって見ると、当時まだ無名だったウェズリー・スナイプスはスター性が光るし、怪力の黒人選手が後の「24」のパーマー大統領だったりと、キャスティングも味わい深いです。
KUNICOOPER

KUNICOOPERの感想・評価

3.6
過去記録
OsamuSaint

OsamuSaintの感想・評価

5.0
ひねらずに直球で勝負する話
チャーリーシーンがカッコよすぎる!!!1作目が自分的には1番好きだなぁ😆
>|