メジャーリーグの作品情報・感想・評価

「メジャーリーグ」に投稿された感想・評価

メジャーリーグが遠い世界のものだったあの頃。

野茂がメジャーデビューしたのが1995年。それよりも前に公開されたこの映画。
バリバリの大リーガー、ボブ・ホーナーがヤクルトスワローズに入団。日本デビュー戦でいきなりホームランかっ飛ばすと、翌日の試合で3本のホームラン打って、日本中の度肝を抜いた。

メジャーリーグってこんなやつがゴロゴロいるのか。アメリカの野球すげえ!!!

その数年後、この映画が公開。

当時のテレビ番組でクライマックスのハイライト部分、チャーリーシーンが三球三振でヤンキースの打者を打ち取るシーンがノーカットでテレビで放映されました。

もうそれ観て、なんだこりゃ、もう観たすぎる! と。公開初日に新宿ミラノ座に出掛けると、入れ替え無しなのを良いことに1日中観てました。

いまだに大好きな映画で、たまに観たくなります。最近は吹き替えで観ることが多いかな。

ストーリー的にはスポーツ物の王道で、ポンコツばかり集まった弱小チームが、あることがきっかけで奮起、少しずつチームワークができ、実力もつき始めて快進撃を続けますが。。。

ってお話。

実際にあるチーム、インディアンスが舞台というのもみそ。
今でこそ、結構な強豪チームになったインディアンスですが、当時は弱小も弱小。だからこそ痛快だったし、説得力があった。

ノーコン豪速球投手。

ベテランの怪我持ち捕手。

ストレートしか打てない大砲。

FAを取り怪我を恐れて、緩慢なプレーを繰り返す三塁手。

韋駄天だけど、ポップフライしか打てない外野手。

変化球を曲げるために身体中に軟膏を塗って、指に付けながら投げるベテラン先発投手。。。

そしてマイナーリーグで指揮を執っていたものの、大した実績も残せずにいた監督。。。

どいつもこいつもポンコツだらけだけど、一致団結したら素晴らしいチームになるのよ、これが。

もちろんアラはあるけど、ね。
惚れちまったらそんなの関係ねえ(笑)

ノーコン投手のチャーリー・シーン演じるリッキーボーンが、コントロールが悪いのは視力が悪いせいだと気づき、メガネ掛けるとコントロールが良くなるって。。。

そんなバカな(笑)!!!

ラスト、ワイルドシングが鳴り響くスタジアムの中を威風堂々マウンドに向かうリッキー・ボーン。

ああ、名シーンだよなぁ。

また大スクリーンで観たいもんです( ´△`)
メガネ一つでムショ上がりからサクセスを掴んだ男
ストーリーわかりやすくていい
クライマックスのチャーリーシーンが痺れる
【♪Wild Thing!!】

『さぁ9回表、巨人の攻撃です。楽天はここを凌げば日本一です。・・・お、楽天は星野監督が出てきましたね。審判と何やら話しています。どうやらピッチャー交代のようですね~。一体誰に代わるのか・・・・ん?今、星野監督の口は確かに「田中!」と言いましたね。これはまさか・・・』

ざわめくスタジアム。そして直後に流れるアナウンス。

≪ピッチャーの交代をお知らせします。ピッチャー則本に代わりまして・・・≫

(まさか・・・でもそうであって欲しい)日本中が固唾を呑む瞬間。

≪背番号18!田中将大!!≫

ウワァ~~~~~~!!地鳴りにも似た歓声がスタジアムを包む。
もう場内アナウンスの背番号より後の部分は聞き取れなかった。でも十分だった。楽天の「背番号18」がマウンドに立つ。それを聞いた瞬間に全身に鳥肌が立って、わけもわからず号泣していた。

そしてゆっくりとマウンドに向かう田中をスタジアム全体で歌う「あとひとつ」が後押しする。あの大合唱のシーンは本当に凄かった。僕も含め楽天ファン以外の人すらも、もしかしたら「田中」の背中にある「18」という数字を見つめていたのかもしれない。
あー神様が選ぶ試合って、やっぱりあるんだね。TVではあったけど、この試合、この場面をリアルタイムで観られたことは一生忘れられないかもな・・・。

あの年のマー君に代表される「イーグルス」の快進撃は、ファイターズファンの僕からから見ても「神懸かっていた」というか、凄みを感じた。勿論褒めてるんですよ。

で、その時思いました。
「映画みたいな話だな」と。

その映画というのがこの「メジャーリーグ」です。
前年まで優勝争いなんか無縁だったけど、チームの危機を知り、それまでバラバラだったチームが一つになって地区優勝まで登りつめるというスポーツコメディ映画ですが、一番の見せ場が本当にソックリなんです。
9回表2アウト満塁の場面でマウンドを託されたのは「Wild Thing」リック・ボーン(チャーリー・シーン)。そしてリックがマウンドに向かうとき、スタジアム中が熱狂と共にあの名曲「Wild Thing」を大合唱で送り出す。映画としても一番盛り上がるシーンだし、実際今でもあのシーンを見るたびに興奮してしまうくらい(笑)。

そして、それは「映画」の中の出来過ぎたシチュエーションだという事も、十分わかった上で見ていた・・・つもりだった。

でも実際に起きたんですね、同じことが。

どういう状況になったら人は感動するのかというメカニズムってきっとあるんだと思うけど、それが映画であれ現実であれ、万人が涙する状況ってやっぱり凄いよなって。

もう一度この映画を観て改めて思った。

「この映画やっぱり面白い。そして、やっぱりあの時のマー君は凄かったよ」と。
まこと

まことの感想・評価

3.5
もしかすると映画を凌駕するくらい野球が好きかもしれない僕なんですが、本当に凄いことが今メジャーリーグで起こっています


大谷翔平


こんなに早く決定的な結果を出すとは・・・、もう少し時間がかかるかなと思ってたのは一体なんだったんだろう

記念すべきメジャー第1号HRはBS中継で見ていたんですが目の前で起こったことがなかなか信じられなく、しばらくして理解できた瞬間に鳥肌がたってしまいました


ピッチャーとして投げて、バッターとして打って


野球をあまり知らない人にはこのハードさがなかなか伝わりにくいんですが、本当にタフなことなんです、実質的に不可能だと思われてたことなんです、ここ100年くらいは誰も成し遂げていなかったことなんです、彼の試みによって野球の概念が変わっていくかもしれないんです

それを日本人がしかもメジャーリーグという最高峰の舞台で挑戦し、また結果を出し始めているということと、その一挙手一投足をこれからまだまだ見届けていける幸福と幸運を最近は噛み締めております


投手も打者も中途半端で終わるくらいなら早くどちらかに絞ったほうがいいという厳しい声も日本時代から聞かれてましたが、新しいことに挑戦しているんだから何も批判されることなんてないんです、本当にがんばってほしい



完全に本題から逸れてしまいました笑


問題だらけの個性派軍団の寄せ集め弱小球団のサクセスストーリー

個性派軍団だけど力を合わせれば一つのまとまった立派な集合体に見えてくるから不思議


パフォーマンスは気持ちから!!

野球は9回2アウトから!!


映画のモチーフとなったインディアンスという球団が、実際にこの映画の後に強豪になり大きく躍進したことはあまりにも有名なエピソードです
何度見ても熱くなる
いいものはやっぱりいい
john

johnの感想・評価

3.0
ストーリーの中身なんてどうでもいい。
オーナーが球団を移転させたくていろんな訳あり達を集めてメジャー制覇を目指すフィクション。

無茶苦茶亜米利加。
茶色

茶色の感想・評価

3.5
最近機会があり2、3を見てしまったので、見たくなって久々鑑賞。ちょうどシーズン開幕ということでタイミングもばっちり。

内容も完全に覚えとるけど好きなもんは何度見てもいい。こんだけ見とったのにボーンじゃなくてヴォーンだったのに初めて気づいた。ワイルドシングもトゥートゥトゥーのやつもテンション上がるわ。

なるほど女性の家に行くときはスパイク着用が吉なわけですね。でもあれ慣れてないとズタズタにしちゃうね。要練習。
AKIRA

AKIRAの感想・評価

5.0
「Wild thing, you make my heart sing♪」

映画館に観に行ったし、VHS擦りきれるくらい観た(´Д`)

リッキー(チャーリー・シーン)が目が悪くコントロールが定まらないから、メガネをかけろと言われて、

「カッコ悪いからかけたくなーーい!」

って駄々こねるんだけど、
結局かけて、

はい、カッコいい!( °∇^)d

メガネチャーリーが指差すシーンはめちゃめちゃ真似した!カッコ良すぎる!

今観ても色褪せないです✨
>|