DAIKI

英国王のスピーチのDAIKIのレビュー・感想・評価

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)
3.9
史実だからか展開は遅いうえ、盛り上がるシーンも少ないこともあり、恐らく見る人によって評価が別れる作品。

大抵の人は自身が喋ることに何も感じることは少ないだろうから、これを見ても感動はあまり得られないかもしれないが、自分のように吃音症ほどではないものの、滑舌の悪さなどの喋ることに少しでも気になるとこがある人には共感するところがあって、最後のスピーチで感動すると思う。

題名からしてただ演説のクオリティが上達する話だと思っていたが、1人の人間が試練を耐え抜いて成長した物語であった。結論、コリンファースの演技は素晴らしい。

《俺は公爵だぞ ‐それなら、公式にバカです‐。》
さらっと言う鋭い皮肉がいい。