映画嫌いpotter

英国王のスピーチの映画嫌いpotterのレビュー・感想・評価

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)
1.5
(ネタバレ一切なし)
この映画に対する持論、及び良かった点はブログに記載しております。ぜひご覧ください。
https://pottereiga.com/?p=1235 ← タップで記事に飛べます。

それでは早速、「英国王のスピーチ」の感想について結論から述べていきたいと思います。

主役はキングスマンにも出ているコリン・ファースで、しかもアカデミー賞も受賞している作品なのでとても期待して鑑賞しました。しかし、「うーん、」と唸らざるを得ない映画でした。特に盛り上がる場面もなければ、インパクトに欠ける映画のように感じました。

という感じですね。圧倒的想像以下の映画でした。この映画のファンの皆様には本当に申し訳ないです。

実話を元に描かれている作品であるので、映画として単調な出来になってしまうのは仕方ないのかも知れませんが、それでも眠くなってしまうくらい盛り上がりがありませんでした。

もちろん、主人公を応援したくなる気持ちもありましたし、感動できるシーンはあったのですが、何故この映画がアカデミー賞を受賞出来たのかその明確な理由については感じ取ることが出来ませんでした。

それからコリンファースの奥さん役の人が、ハリーポッターのベラトリックスを演じている女優さんだったのが、個人的には良かったです。彼女の演技の幅が広くて尊敬します。