英国王のスピーチの作品情報・感想・評価

英国王のスピーチ2010年製作の映画)

THE KING'S SPEECH

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.7

「英国王のスピーチ」に投稿された感想・評価

TOMOYA

TOMOYAの感想・評価

2.5
ちょっと期待しすぎました。
えりか

えりかの感想・評価

3.7
これ実話なんですね、。
コリンファースの演技力に圧倒されました。 ローグとの友情にも感動しました。

成功したスピーチが第二次世界大戦が始まるときのものだというのがなんだか悲しく、素直に成功を喜べませんでした。
実際にヒトラーの演説の様子がでてきたり、歴史で第二次世界大戦の悲惨さを学んだからこそ、悲しいです。

このレビューはネタバレを含みます

コリンファースもヘレナボナムカーターもバルボッサもだいすき

演技が素晴らしい
RamenMan

RamenManの感想・評価

4.6
吃音という自らの心に潜む病と戦うジョージ6世、演じたコリン・ファースにこれでもか感情移入してしまう。

人前で話す事が得意でない人には必ず刺さる。
実話だから盛り上がりには欠けるけど最後には感動

コリンファースは「キングスマン」「モネゲーム」に続いて3作目ですが、全部違う顔で演技の幅に驚かされる!

特に今回の吃音症の演技はすごいの一言。
一層好きな俳優になりました。何より声が良いんですよね。

ハンディキャップを抱えながらも最後には自虐も交えるくらい、それを自分のものにして乗り越えたジョージ6世の姿は勇ましかったです。
Tatsu

Tatsuの感想・評価

-
話すことが仕事。
にも関わらず言語障害という、高所恐怖症な人がスカイダイビングをするようなと言えばいいのだろうか、そんな設定の映画は初めてでした。
さん

さんの感想・評価

3.7

人は誰しも必ず苦手なことがある。職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なくこなせるわけではない、、今作は誰しも抱えるそんな悩みを描いていました🎬

苦手なことがあるけれど、嫌で嫌でしようがないことがあるけれど、それでも歯を食いしばって努力しているすべて人へ、慰めと勇気を与えてくれる、そんな作品でした✨

コリン・ファースとジェフリー・ラッシュ2人の演技は素晴らしかった👏 コリン・ファースは言語障害を持っているという難しい役どころだけではなく、幼い時のトラウマや責任のかかる重責を負うプレッシャーで苦悩する姿を説得力持って演じていました!!

個人的にはコリンよりもむしろ評価したいのがジェフリー・ラッシュ✨たとえ王子であろうが国王であろうが、態度を普段と変えることなく、毅然と自分の主張をおだやかにかつユーモラスに押し通すクレヴァーな男を飄々と演じ切っていました。
yuyu

yuyuの感想・評価

4.1
コリンファーズの演技が素晴らしい
>|