英国王のスピーチの作品情報・感想・評価

英国王のスピーチ2010年製作の映画)

THE KING'S SPEECH

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.7

「英国王のスピーチ」に投稿された感想・評価

Yuka

Yukaの感想・評価

4.0
心が暖まった、なんでかわからないけど鳥肌
manachi

manachiの感想・評価

4.4
すごくいい映画だった。
コリン・ファースの演技が素晴らしい。
良い作品でした。
とても〝良い〟作品でしたよ(^^)

時は、1920年代〜1930年代。
吃音症(きつおんしょう)に悩むイギリス国王、ジョージ6世と、言語療法士と治療に取り組む姿を描いた実話の物語。

そのような国王がいたのも初めて知りましたし、内容自体は多少脚色はあれ、実話の話しなので、当然胸打たれました(^^)❗️

実話系作品は、好きな映画を通して歴史の勉強にもなるので好きです♬


でも、冒頭で書いたように、とても良い作品でしたけど、「面白い」か「面白くない」かで言うと、

僕には作品としては、面白くはなかったです
(>人<;)

残念ながら、、、。

理由は、後述します。

「ムーンライト」もそうでしたけど、またしても、僕とアカデミー賞受賞作品は相性悪いかもしれないです(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾💦

まあそれは、たまたまかもしれませんけど。

身体にも相性があるように、映画も観てみないと、合うか合わないかはわかりませんもんね♬

だから僕はこれからも、引き続き食わず嫌いしないで色んな作品を観ていこうと思います(๑˃̵ᴗ˂̵)

色んな映画を取っ替え引っ替え観る、映画ったらし、映画プレイボーイになる宣言ですw💕






※以下ネタバレ※





まずは、グッドポイントから(^^)

ジョージ6世を演じた、コリン・ファースの吃音症を含めた演技が、ほんまに素晴らしかったです❗️
映画評論家でも、演技の事も何も知らないただの映画好きですけど、それでも凄いと思わされました(๑˃̵ᴗ˂̵)❗️


国王という立場上、国民の前でスピーチをする事は大切な公務の一つです。
ただ、全国民が注目する中で言葉が上手く出てこない💦

「あ、、ああ、、、あ、、」

同じ言葉を連続して発してしまう、次に言いたい事が出てこない(>人<;)💦

静まり返る会場。
上手くスピーチが出来ない国王に、落胆する国民。

もう、この時の静まり返る会場の空気感、国王の焦り、緊張感がひしひしと伝わってきました(>人<;)❗️
観ているこちらも、引き込まれそうなくらい緊張感MAXでしたw💦

でも、1番落胆しているのは他でもない、国王自身と妻のエリザベス妃です。

国王を献身的に支える、エリザベス妃の姿はグッときました❗️

そんなジョージ6世の治療を担当することになった、言語療法士のライオネル。

ライオネルは国王だろうが臆する事なく、対等な関係で接しようとします(^^)
自分の事を「先生」と呼ばせなかったり、国王を愛称で呼んだり♬

ユーモラスな治療は興味深かったです❗️

大音量の音楽をヘッドホンで聴きながらだと、スラスラ話す事が出来たり、
怒りで罵倒する時や、卑猥な言葉だとこれもスラスラと発話する事が出来たりする事がわかるんですwww

国王が、というよりコリン・ファースが、

ファック❗️ファック❗️ファック❗️

と、取り憑かれたように連呼するところは吹きましたwww(๑˃̵ᴗ˂̵)

確かに、ファックとか他の卑猥な単語はめちゃくちゃ滑らかに言えてるんですww

なんかわからないけど、なんとなくわかる気もしましたww

この辺りの治療の持って行き方も素敵で、グッときました(^^)‼️

劇中全編で流れる、小粋で軽快なBGMも、良いアクセントになり素敵でした(^^)♬
とにかくBGMがオシャレww


ヒトラー率いるナチスドイツとの、戦争状態に突入したイギリス。

国民に向けて、鼓舞するためのラジオ放送がラストシーンなんですけど、
ここもライオネルと放送室に入り、見事に立派なスピーチを行い、国民の士気を高めることに成功し、そのままエンドロール❗️

大成功のスピーチで、めでたしめでたしです。

ここでも、ライオネルが言葉に詰まりそうになる国王に対して、小声で「ファック」と言って、緊張をほぐそうとするのが良いです(๑˃̵ᴗ˂̵)♬




で、ここからがバッドポイントです
(>人<;)

もちろん、内容、脚本、俳優、音楽、確かにどれも素晴らしいんです。素晴らしいと思うんです❗️


でも、あまりにも盛り上がりに欠けるんです(๑˃̵ᴗ˂̵)‼️‼️


それは、タイトルロールからエンドロールまでずーっと同じようなテンションで進むので、正直眠たくなります💦
寝ませんけど❗️

全然エモーショナルな展開もなく、僕が映画に求めるハラハラ・ドキドキ・ワクワクがあまりにもなかった(>人<;)

もちろん実話ベースなので仕方ないんですけど、大事件や、誰かが陥れるような陰謀もなく、ただただ時代に合わせてストーリーが淡々と進んでいくため、あまりにも静かすぎました。

何も起きんのじゃ(๑˃̵ᴗ˂̵)‼️‼️

スピーチが上手くいかないハラハラはありましたけど、それはちょっと違うハラハラですw

あと、僕が期待していた、まぁ
勝手な期待なんですけど、
ジョージ6世と、言語療法士ライオネルとの関係はもっと熱いものやと思っていました💦
映画なので、そこは大袈裟でもいいので、もっとグッとくるくらい、熱く描いて欲しかったです(>人<;)

確かに2人は、階級や身分を超えた信頼関係で結ばれているのは、もちろんわかるんです。

でも、正直もっと泣けるようなバディ関係を期待していたので、そこも物足りなかったです(>人<;)


というように、グッドポイントよりバッドポイントが上回る結果になりました
(>人<;)
それでも、良い作品である事は間違いないと思います♬
僕には合わなかったので、珍しくおススメはしませんw


それでも、映画プレイボーイの旅は続きます(๑˃̵ᴗ˂̵)💕
コリンファースの吃音症の演技がすごい

タイトルにもなってる演説のシーンは一緒になってハラハラしながら見てしまった

素敵な友情だなあ
MYuki

MYukiの感想・評価

4.0
おもしろかった
Ayan

Ayanの感想・評価

-
英語字幕で何が何だかわからなかった w
mtok

mtokの感想・評価

-
いい話だった
配信が吹き替えしかなかったのが悔やまれる
chabondama

chabondamaの感想・評価

4.0
最後のスピーチに感動した。
もう一回見たい。
>|