英国王のスピーチの作品情報・感想・評価

英国王のスピーチ2010年製作の映画)

THE KING'S SPEECH

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「英国王のスピーチ」に投稿された感想・評価

まどか

まどかの感想・評価

3.7
ひんやりしたイギリスの空気やバーティの緊張感が一体になって画面から伝わってくる。
英国王で吃音のコリン・ファースとても素敵だった。
あと普通の役してるヘレナボナムカーター初めて見た。きれいな人だった。

イギリスの歴史と英語が分かればもっと面白かっただろうなあ…
yu

yuの感想・評価

3.8
トラウマとか重圧を沢山抱えていたんだろうな。
最後はほっとするお話だった。
一般人には理解できないくらい大きな重圧だったんだろう。全然レベル違うけど、同じ様な悩みを持ちながら仕事してる自分と重ねて胸が締め付けられた。
奥様の前で不安を爆発させるところや、奥様の愛情を感じるシーンは特にお気に入り。
これ見たら、もう一回チャーチル観たくなるな~。
対等の立場で信頼を寄せて。
ジョージ6世とライオネルの友情が良かった。ライオネルの態度に意思後通ってて、プロだなぁって感じた。尊敬する。

ただのマイクのように見えても、そこから世界にそして国民に、王としての声を伝えなければないジョージ6世の荷の重さはきっと誰にも分からないけど、分からないからこそライオネルの言葉や治療が意外にもスッと通ったんじゃないかなと思う。
吃音症について考えさせられた。

2人の友情が生涯にわたって続いたことこそ素敵な事実だよね。
zundA

zundAの感想・評価

4.4
2回目の鑑賞。ローグの仕事の姿勢、ちょっとおちゃらけてるけど、本質を追求し根本的な解決策にプロ意識を感じる。
王になる運命を背負うのは大変だと思うけど、やっぱりトップの言葉ってやっぱり重要だと思った。スピーチの場面、ちょっとこちらも力が入る。
Filmochi

Filmochiの感想・評価

4.4
感動した
緊張感もありつつ時々クスッと笑えて勇気をもらえる映画
くーら

くーらの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

公開当時からずーっと見たくてやっと見られました。
面白いしめちゃくちゃ良い映画
コンプレックスと戦う全員に勇気を与えてくれる映画
「友情・努力・勝利」全てが詰まってる。淡々としてるけどコミカルな部分もあり、とても見やすい。

吃音症や継承問題、国のことで葛藤するコリンファース、吃音症の克服だけでなく友人としても支えるジェフリーラッシュ、夫を優しく見守るヘレナボナムカーター…
流石三人とも大作話題作でも活躍されてる俳優さんだから演技のクオリティが高い

ジェフリーラッシュの役、めちゃくちゃ良い役だと思う(バーディがアカデミー主演男優賞ならローグにも助演男優賞取らせてあげたかったと思うぐらい)

ローグの前でバーディがスピーチするシーンが大好き。ずっと覚えていそうなぐらい印象的
2人はスピーチの度に同じ場にいて、生涯友人として交流があったということが映画のラストに添えられていたのもグッときました。

調べたらリアルジョージ6世はWWⅡの後に早くに亡くなったと知り、そりゃこれだけ色々あれば心労凄かっただろうな…とちょっと納得してしまいました。
ローグもその約1年後に亡くなるなんて…
寂しかったのかな…
>|