英国王のスピーチの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

英国王のスピーチ2010年製作の映画)

The King's Speech

上映日:2011年02月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「英国王のスピーチ」に投稿された感想・評価

まめ

まめの感想・評価

5.0
主人公の葛藤を描く演技が素晴らしいし、人と人との関係性の大切さがわかる映画。友情がどれほど大きな力を持っているのか理解させてくれました。
AKEN

AKENの感想・評価

3.6
吃音症で苦しむジョージ6世とそれを治そうとする言語療養士ライオネル。
ナチスとの開戦のスピーチを乗り切るという一瞬感動する映画。
toi

toiの感想・評価

3.5
食卓。平民と王族。ハット 。ジャケット。バストショット。バーティ。王の謝罪を待つ者は長く待つって何様だよ。
泣けるんだよなあ。。
POME

POMEの感想・評価

4.0
人から「役割は任せるに値する段階になれば自ずと回ってくる」と言われたことがずっと心に残っていて、それを思い出した映画だった。
シンプルすぎるかもしれないけど私にはとても染みた。このくらいの地味さが好き。
苦しい幼少期、あるべき理想とのギャップ、それでも求められる自分の存在。そんな悩みが王族にもあって、与えられた使命を全うできるだろうかと悩む姿に自分を重ねずにいられなかった。
理解し背中を押してくれる奥さま、大事なところで目を見て話せるよき友、それがいたのは弱くてこわがりな彼に信念と覚悟があったからかなあと思った。ポスターのシーン見てそう思った。
元気がなくなったときにはまた見たい。
床をごろごろごろってするシーンに笑った。
良かった.見終わって,第一声がそれである.バーティー,ライオネル,エリザベス妃の3人の演技が素晴らしい.英語はネイティブでないので,吃音症の不自然さは完全には分からないものの,それを苦悩するバーティーの様子はよく伝わってきた.王族としての誇りや完璧主義の一面など,人間的な部分があるところも親近感を感じた.それを支えるエリザベス妃の美しさにも心を奪われた.派手さはないが,作品中流れるしっとりとした音楽も良かった.王であっても一人の人間であること.生涯があっても,乗り越えられること.多くの人に勇気と感動を与える作品と言える.