英国王のスピーチの作品情報・感想・評価・動画配信

英国王のスピーチ2010年製作の映画)

The King's Speech

上映日:2011年02月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「英国王のスピーチ」に投稿された感想・評価

nana

nanaの感想・評価

3.7
友情に乾杯!
夫婦愛に乾杯!
ハリーポッターの出演者さんたくさんでたのしかった〜ハリポタ全部見返したくなった
最近、ディズニー+ばっか見てるので、Amazonプライムウィーク。
先日亡くなったエリザベス女王の父、ジョージ6世の物語。吃音症に悩まされながらも、自らの言葉で長きにわたる第二次世界大戦で、イギリスを鼓舞し続けた彼を支えた人物とは。
コリン・ファースの演技が素晴らしかったです。あと、奥さんも。
アカデミー賞感があった。
ちょっと感動した。

このレビューはネタバレを含みます

ベートーヴェン流れる中でのスピーチは圧巻
Siri

Siriの感想・評価

-
鑑賞記録
apopo

apopoの感想・評価

5.0
たしかおもしろい
主婦

主婦の感想・評価

3.5
家族が吃音症なので、気になって見てみました。

吃音症で悩んでる人の力になるものではありませんでしたが、やはり自信をつけて喋るということはとても大事ですね。
言語療法士と英国王の絆もそうですが、側で何も言わずずっとひたむきに支えるエリザベス妃に感動しました。謙虚で真面目な英国王、応援したくなります。見てよかったです。
mk

mkの感想・評価

3.9
イギリスのエリザベス女王の父、ジョージ6世をコリン・ファースが演じた今作。

映像技術や通信技術が発達してきた時代、吃音症のジョージ6世が国民に向けてのスピーチのために、言語聴覚士のジェフリー・ラッシュ演じるライオネルの指導のもと吃音症を克服していく物語。
ライオネルとジョージ6世の友情物語。



吃音症を演じるコリン・ファースも良いけれど、
やっぱりライオネル役のジェフリー・ラッシュが良い!!!

王室に物怖じせずにガツガツと踏み込んでいくのに程よい距離感と仕事へのプライドのバランスの良いちょっと皮肉やなキャラクターと佇まいがなんともピッタリで。
〈初鑑賞〉
>|

あなたにおすすめの記事