英国王のスピーチの作品情報・感想・評価・動画配信

英国王のスピーチ2010年製作の映画)

The King's Speech

上映日:2011年02月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「英国王のスピーチ」に投稿された感想・評価

Sea

Seaの感想・評価

-
記録用☺︎
コリン・ファースの演技が素晴らしかった。さすがアカデミー受賞。感動スペクタクル!とかではなく、英国王ジョージ6世と吃音について静かに淡々と描かれていく。昔ETVで紹介されていた「吃音ラジオ」の遠藤さんと就職活動に頑張ってた溝口さんは今でも元気かな、と思い出した。
ずっと「がんばれ、がんばれ」と祈るような気持ちで観てしまう映画。
さくら

さくらの感想・評価

4.0
好きな映画の一つ。
うみ

うみの感想・評価

3.8
人間くさい英国王のお話。

吃音の王様がプレッシャーに押し潰されそうになりながら必死にもがいて、自分の弱さに立ち向かって、癇癪おこして友達とケンカしたり、たまに下品な文句言ってみたりしながら自分の役割を果たそうとする。
英国の王様っていう雲の上の存在のはずなんだけど、めちゃくちゃ人間的で素直に応援したくなる。

ローグとも対等に話して信頼関係を築いてて、とても身近に感じるから一人の「人間」の物語として没入できた。

とは言ってもしっかり王様としての勤めを果たしているし、ちゃんと王様っぽいところもある。むしろ王様だからこその物語でもある。
良い王様ってのはこのくらい近くに感じられるものなのかもしれない。

英国王室って英国でどういう扱いなんだろう笑
日本で 皇室を同じようには扱えないよなってくらいフランクに扱ってた。
お陰でとっても人間的な友情と成長の物語となっております笑

僕もローグについていてもらいたい
紅葉

紅葉の感想・評価

3.8
良かったねえってなる映画だった
短い映画ではないけどテンポよく見られた
コリン・ファースかっこい〜
ちゃ

ちゃの感想・評価

4.0
カメラワークが本当に綺麗でした。そのシーン、の意味大切さが分かるために引かれた映像であったり人からの圧やプレッシャーを受けている時の表情がハッキリわかる映像であったりの効果が凄くわかりやすい映画でした。
女王陛下の旦那さんのことを思いやる表情や行動がすごく繊細で気持ちはわかるけど少しの表情の変化だったりするものがとても綺麗にうつされていて素敵だなという印象でした。
またやはりこの頃のイギリスのセットは綺麗で背景が素敵な作品だと思いました。
waitwhat

waitwhatの感想・評価

5.0
I see Colin Firth, I give 5 stars ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
>|

似ている作品