英国王のスピーチの作品情報・感想・評価・動画配信

英国王のスピーチ2010年製作の映画)

The King's Speech

上映日:2011年02月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「英国王のスピーチ」に投稿された感想・評価

吃音と戦い国王になるおはなし。大きな何かがある訳じゃないけど、たまに微笑ましくなる感動系。でも泣く感じではないよ。
身分が違いすぎて離れてしまう友情だって沢山ある中、ライオネルとバーティは生涯の親友だったという事実が更に泣かせてくるな
国王にとってライオネルの存在は立場とか関係なしに誰よりも信頼できて安心できる存在になっていったんだと思った。
役者さんたちの表情がすごく印象的で言葉ではなく伝わってくることが多かった。

そしてスピーチが素晴らしかった。
miwasansan

miwasansanの感想・評価

3.0
字幕版で観るべきだった…😭
見る前から良いとの噂を聞いておりましたが、期待以上でした。
e

eの感想・評価

4.5
“すてきな吃音、幸せになれそう” エリザベス妃の言葉のチャーミングさとその言葉のなかに含まれる底なしの愛。献身的なひとでした。ライオネルとジョージ6世の関係、ふたりだけの戴冠式の練習のシーンではなぜか泣いてしまいました。彼らが対等だからこそ、ジョージ6世は吃音と上手く付き合えるようになったし、もしかしたら“対等”であるというのは、(患者に対する)最大の敬意であったのかもしれないです。映画にしては穏やかにすすんでゆく物語でしたが、豪勢な役者さん揃いで、見応えありました。
yh

yhの感想・評価

4.0
悲しい過去があったけど、今、王の周りは暖かい友人ライオネルと献身的な優しい妻がいたからこそ。

実話だから話は暗めだったけど、ザ・イギリス人のコリン・ファースが適役で部屋の壁紙とソファの色合いや街を歩いてる人のファッションがブリティッシュで素敵だったな
軽快なサクセスストーリーみたいな感じなのかと思っていましたが全体的に重い話でした。
まあ実話なので仕方ないとは思いますが。
ayu

ayuの感想・評価

3.5
✔️過去鑑賞

大学で吃音について学んだので鑑賞。

実在した王を基にしてるみたい。

最後のスピーチは生で聞いているわけではないのに、真剣に聴き入ってしまう。

上から目線のようで偉そうだけど頑張れ…!と画面に向かって無意識に応援してた。

レコードで録音した自分の音声を聴いた王が、スラスラと話せた自分に驚くシーンがすごく好き。

言語聴覚士の先生は印象的。
王に訓練を強制するわけでもなく、決して見放すこともなく、実在した先生もこの作品どおりの優しい方だったのだろうなぁ。

王もずっとふてぶてしいけどだんだん心を開いて先生との絆ができていく。
この先生だからこそ生まれた絆やないかな。

先生を演じた俳優さんのほかの出演作をまた観てみたい。
そのくらい好きでした(笑)

ほかの方のレビューを読ませていただき、「二人三脚」という言葉にとても納得。
王と先生はまさに二人三脚だ。

英国王の自宅なわけで当然だけど、家具も内装もゴージャスでうっとり。物語だけでなく、そちらの方にも注目して観てみるとより楽しめる😌
>|